コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 ***
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 33000円
総回転数 1274回
大当たり回数 8回
確変回数 7回
総出玉数 0
換金額 0
収支 -33000円

朝から見誤ってしまったか……

さて、そうは言っても年末ともなると、パチプロにとっては唯一の稼ぎ時なのだ。早あがりすることはあっても休むようなことだけは避けたい。まずは最近けっこうお世話になっている店から覗いてみることにした。といっても『冬のソナタFinal』でしか、まともに打てたためしがないのだが。その『冬のソナタFinal』も今日見た感じではひと締めされてしまったので、お手上げ。そうなるとちゃんと打てる台がないのでけっこう痛い。

それでもぐるっと店内を一周すると『CRひぐらしのなく頃に頂 〜ライトver〜』に開けを発見。昨日よりも確実にふたまわりほどヘソがデカい。これでどの程度回るのかは不明だが、少し打ってみようと思う。最初の1000円で35回もの回りがあり、ヘソに絡む玉の挙動を見ていても、マグレで回った感じではなさそうなのだ。35回は出来すぎにしても、20後半はありそうな雰囲気だ。そもそもスペックを見るとそのくらいの回りが欲しくなりそうなのだ。

54回転目に、保留が緑に変わった。最近いろんな台を打ってるが、赤の手前の緑は意外とあてにならず空気みたいに感じることがほとんど。どうせ、などと思って見ていると、これが途中から赤に変わったではないか。画面も赤いエフェクトが発生しなんだかチャンスっぽい雰囲気になってきたぞ。そして気付けばその保留がなんと「てんとう虫柄」になっていたのだ。これはもうビッグチャンスに違いない。これがよく分からないままに最終的には「999」と揃ったのだった。

4Rの少ない出玉だったが、どうやら確変を引いてきた模様。電サポが付いたものの確変中の190回転は1個戻しの賞球ではじりじりと玉が減ってしまった。ようやく当たり16Rをゲット。なんとか形になった模様。次は17回転目、「惨劇回避失敗」となり、どうやら突確か通常を引いてきてしまったみたいだ。突確であって欲しかったが20回転で電サポは途切れてしまった。

本格的に回しに掛かったが、最初の勢いはどこへやら。確かに時折1000円30回を突き抜ける場面があるにはあるが、持ち玉とはいえぶん投げてしまいたくなるような回りだった。85回転目、保留が緑に変化。赤には変わらず、「ひぐらしチャンス」となり激アツのストーリーリーチが掛かった。もちろんギミックも発動したからには半分右打ちの構え。ところがまったく残念な外れで終わってしまった。結局のところ回りも足らず、その後、何台かの確認作業で合計5000円ばかり使い、店を後にしたのだった。


あの頃は……

二軒目に行ったお店で懐かしい台を発見。もっともこれまで何度か釘を見てきたが、今日に関しては間違いなく開けになっていた。『びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん』だ。アタッカー回りはマイナス調整されてはいるものの、この部分のマイナスはほとんど効き目がないのは重々承知。一見すると敬遠してしまいがちだが、今どきの台と比較すれば、十分に玉は取れるはずだ。

それにしても周りを見てもそれっぽい連中がけっこういるというのに、この台だけが空きになっているのが不思議。何か罠でもあるのだろうか。当たった瞬間に従業員に張りつかれるとか(笑)。さっそく打ち始めると最初の1000円では24回の回りがあった。ちょっとこれは出来すぎかな。それにしても、そう昔ではないが懐かしいことこの上ない。まだまだこの頃はパチの状況も悪くはなかった。いろんな連中がいたもんなあ。

あまりお金は使いたくないところだったが、ようやく当たったのは9500円を投じた205回転目。「愛燦燦」リーチで「八」が三つ揃った。やっぱりアタッカーはいい。ただ、電チューに関してはモリモリ増えるほどじゃなかったのは残念だが、それでもこれで十分だ。電サポ中、玉詰まりが発生し、従業員を呼んでいろいろやってる間まともに増やせなかったのは痛かった。連チャンもなく、玉は飲まれてしまった。買い足しに入ると500円を使ったところで「華王ゾーン」突入。美空チャンスとなり「真っ赤な太陽」へ発展し図柄も「七」がテンパイしているじゃないか。

この頃の台は「七」図柄テンパイもそれほど熱くなかったのか、あえなく外れとなった。結局当たったのは222回転目、「ひばりゾーン」突入から「悲しき口笛」でいきなりの大当たり。今度はSTで一回当たりなんとか2連チャン。84回転目には赤の保留が「ゼブラ柄」に変わった。そうだ、赤の保留でさえ、ちっとも熱くなかったのだ。「ひばりゾーン」にも突入し、「十二」の図柄が「七」へと昇格した。これも電サポが50回になるだけであって、15Rになるわけじゃないのよね(笑)。この数年の間、いろいろ変わったなあパチンコも。

それはいいが、ちっとも連チャンしないし、当たりも全然ついてこないのだ。69回転目に突確が当たるもスルー。そのすぐ後の9回転目に当たるには当たったが、単発で終わり。193回転目に2連チャンしたものの、飲まれて何度目かの買い足しに入る。結局、この繰り返しで、むこうとこっちでなんだかんだと30000円以上も費やしてしまった。さすがにもう外が暗くなったところで静かに席を立った。きっともう二度と打つことはないんだろうな……いや出来ることならば朝からがっつり打ってみたい……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る