コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこAKB48』  
 

実戦データ
店舗名 関東W店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこAKB48
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 8500円
総回転数 **回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 4988個
換金額 19952円
収支 11452円

AKB

寒い朝、定刻ちょうどに着くと先客は数人のみという相変わらずの光景。客と同数しかいないスタッフさんに会釈をして入店。マックスコーナーから見て行くも、特になにもない。打てそうなものはないということで、1周して店を出た。

次に向かうのは系列店のW店(等価)。ここも一時はそうとうに通いつめた店だ。立ち回りの目先を変えていく必要もあり、このところ覗くだけは覗いていた。店に着くと時間は11時少し前。平日ということもあり人はまだいない。1パチコーナーがそんなにはないのがありがたいが、しかし店全体がバラエティ化しているので台の見立てがままならない。

甘デジ関係は台数が多すぎて絞りきれない。やたら試し打ちをしていると大変なことになってしまう。最近はここで打っていないので余計に困る。マックスやミドルを打ったほうがいいかもしれない。

うーむ、『AKB』を打ってみようか。スペックもゲーム性もそんなに好きな機種ではないのだが、打つ回数が割と多いので、釘の見立てが割とやりやすい。そろそろ撤去にもなりそうな機種だが、さてどんなものだろうか。

この釘だと1000円20回転 いくかどうか。ちょうどくらいなら我慢して打つしかないか。打ち出すと2000円で38回転、3000円で55回転。もう少し欲しいので移動。こちらも似たようなものだ。うーむ。もう一台だけ打ってダメならば諦めるか。

3台目は、なんとかギリギリで回る感触。トータルで8000円の時に保留が緑から赤に変化。ゼブラにはならず残念だが、疑似連から役モノが可動。「会いたかったSPSPリーチ」に発展。チャンスアップもあったので、当たる感じだ。AAAが揃って初当たり。

当たり図柄からみればいかにも確変に入りそうだが、そうでもないのがこの機種の特徴。ランプ判別もしていないので、ラウンド中の昇格アクションに期待するのみ。期待度の高いボタンゲームとなって、ボタンは叩かずに見ているとそのままシーン。

しかし、ラウンドが終わったところでシャッターが閉まってうまいこと確変が確定した。まぐれでもなんでもよかったよかった。確変に入るとすぐに当たってまた確変。次は残念で3連チャンで終わり。まぐれ一発なのだからもうひと伸びして欲しかったがそんなうまくは行かず。

玉で回していくと、すぐにまたチャンス到来。ゼブラ柄から「SPSPリーチ」で大当たりとなったが、確変には入らず。ここで回りが急変。予想はしていたとはいえ、かなりの下ムラ到来。1000円で15回転くらいしかないのではないか。打ち続ければ回復することも考えられるが、もういいやの気持ちが強い。


残った玉で

一旦、カードに玉を全部入れて席を立つ。あとは後学のためとばかりに、出た玉を払い出しながら数機種を打ってみた。どれもこれも今ひとつの感触でしかない。しかし、そこいらで何回か当たって、そこそこの出玉が残った。

それでもまぐれ狙いの領域は超えず。明日からの糧を見つけたかったが、どうもこの状況では難しい。というわけで夕方前に撤収とする。帰り際に近隣の店も覗いてみたが、これもまた荒涼たる風景。

年の瀬もこれだと来年もまた厳しいだろうなあ。気が重いけど、前を見て歩くほか手はなし。車のFMから流れるニュースによると山沿いは今週また雪が降るとのこと。遙か遠くの白銀の山が頭に浮かんだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る