コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東O店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 16500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 2348
換金額 9392円
収支 -7108円

■ハイエナさん

急ぐこともないが、いつもより5分だけ早く行ってみると、先客は15人くらい。寒い朝だしね。休みとはいえこんなところだろう。懐かしい顔見知りのおばさまがいた。いや随分久しぶりということで、何度聞いても冬月には理解できない、「パチンコにまつわる独自の科学」を承っているうちに時間となった。

くだんのシマに行ってみると、目的の光はなかった。まあそんなもんでしょ。しかし頭上のメーターを見ると昨日見た時より大当たり回数が増えている。あーそういうことね。どこかの誰かがその後、当てたわけね。偶然かもしれないけど、なかなかやるもんだ。今は情報があふれているから、誰もがチャレンジできる力をもっているわけで。

記憶にある限り、『朝イチ〜モーニング』なんて機種、古くは『綱取物語』とかけっこう前からあったが、こういった見え見えの潜伏確変は『ダイナマイトキング』が先駆けではなかろうか。かの機種は初当たりが潜ることも多く、電チューサポートがつかない確変状態が続くので、そのまま捨ててしまう人が続出。

電源を落とすと盤面役モノの左側、上から2個目だったと思うが、そこのランプが点灯するのだ。最初はそんな情報も出回っていなくて、それが分かってからは何度か朝イチでいい思いをしたことがある。

しかし、それもあっという間に世間に広まり、そればかり専門で狙うような人たちも現れ各地でトラブルになったりした。その流れは今でも脈々と続いていて、先を争うようにして朝イチはそれを狙いに走る、なければ次の店に脱兎のごとく向かう……そんな立ち回りをする人たちが生まれた。

冬月も自分が通っている店ではチェックするようにしたが、それを専門にしようとはついぞ思わなかったし、今でも思わない。大体、それって「パチンコ」か?と思うのである。自分だってあれば拾っているわけで、そんなことは言う資格も立場でもないのかもしれないが、どうもそれ専門の人とは仲良くなれない気がするし、一部の人を除いては実際なってない。

勿論、お店からも嫌われることになる。基本的にお店とは仲良くしたい八方美人タイプなので余計にそう思うのかもしれない。というか、パチプロ(今の自分はその名称にふさわしくないけど)って、そもそも存在自体が、お店にとってはいい迷惑だろうと思う。トータルでは必ず勝って、お店の売り上げをもっていくわけだから。

お店が許してくれる(見逃してくれる)範囲で打つのが、せめてもの仁義であるように思う。玉を出していれば宣伝効果になる。ただそれだけが、お店にとってのメリットであり、そのメリットを大きく超えるようなコトをしちゃいかんのではないかな。

とはいうものの、過去を振り返れば近隣の何軒かの店がつぶれた責任の一端は確実にあるから、もうこの話は止めとこう。泥縄じゃなくてそういうのなんて言うんだっけ。あ「やぶ蛇」か。ま、そういうことで。

さて、どうしようか。このまま帰るのが一番固いと思うが、来週からのアテもなし。無理して何かに座ってみるか。座ったのは『リング・甘』。玉増えは見込めないが、そんなに減らないだろうし、ステージが少し前に打った時にいい感触があった。

前回はわずか500円で食いついたが、果たしてそんなことが起きて「2匹目のドジョウ」がつかまらないかな?と相変わらず、自分に都合のいいことを考えていると、そうそうそんなコトが起きるはずもなく、2000円3000円と投資だけ増える。

回りは微妙だが、展開によっては打てなくないというくらい。とりあえず確率分までは回してみるか。その思惑どおりちょうど5000円投資の時点で、突然、赤文からデンジャー絡みの疑似連が発生。もっとも強い「貞子終焉リーチ」へいけば、まず数字が揃うところだが、そうはならずあっさりとスーパーは外れた。しかし、役モノが落ちてきてアタッカーパカパカで2Rがピカリ。


■虎児を得ず

つまり、これぞ潜伏確変というやつ。ここで落雷か何かで電源が落ちれば、ランプが光るという仕組み。ただし、この機種は限定確変なので必ず玉が出るわけではない。ほら見たことか、わずか30回転の確変はスルーでした。

しかもこの30回転を回すのに2500円もかかる有様。はいさようなら。さてどうするか。その後は触ったことのない機種を数台打って(というかバラマキ)、何度か当たったが、結局、昼前にわずかな玉を流して終了。

実は夜には出かけなければならず、ちょうどいいと言えばいい時間帯。結果から言うと「来なければよかった土曜日」ということになるが、「虎穴にいらずんば虎児を得ず」ともいういわけで、家にいるだけでは何も起きないから、まあこれでいいのだ(バカボンのパパ)。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る