> > 『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』  
text by タッキー
 
筐体画像 相変わらず眠れない日々が続いている。眠ったところでせいぜい2、3時間程度。仕事しているわけじゃないから、体力的にはどうってことないが、それでもこの間は立っていてくらっときた時があった。今日一緒に打った、近頃よく顔を合わせるようになったNさんも言ってたっけ、終日打った夜は疲れているのになかなか寝付けないと。やはり理由は明白だろう。

お蔭で、眠れない夜は読書に励むようになって、今年に入ってからすでにまあまあ厚めの小説を4冊も読んでしまった。さらに昨日、3冊ばかり買い求めた。元来、本を読む速度はかなり遅めなのだ。オレには速読なんてものは無縁だな。なるべくならば、じっくり噛みしめるように文章を読みたいのだ。紙やインクの匂いを嗅ぎながら、頭の中で街の風景や、空の色、潮の香りなど、思い浮かべながらゆっくりと読むのだ。叶うことならば、昼間であれば陽の当たる屋外でコーヒーでも飲みながら、夜ならば一杯やりながら読めたらこんな贅沢なひと時はない。

何を読んでいるかは敢えてここで書くことでもないので秘密にしておこう(笑)。前にも書いたことがあるが、ビジネス書の類は一切読まないのでおおかたの察しはつくかと思う。新刊は値段が張るので、文庫本になってから買い求めることが殆どだ。時代小説なんかも好きだなあ。例えば司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」などは、多感な年頃に読んでいたならば、間違いなくその後の人生に大きな影響があったのではないかと思う。幾度となく読んだ小説だ。さすがにこの歳になると、人生を変えるとまではいかないが。

しかし不思議なもので、パソコンの前でこうやって原稿を書き始めると途端に激しい睡魔に襲われるのだ。昼間パチを打っている時もそうだ。今日など、一瞬記憶が遠のき椅子から転げ落ちそうになった。さて、その問題のパチである。年がとっくに明けたというのに3連休が祟ってか、釘の開けが弱い。かれこれ10日も動いているがまともな台を一度も打っていないのだ。昨日は、新台で入った『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』だったが、期待外れに終わってしまった。1000円20回の回りじゃ到底打てっこない。初日だけはいつも打たせてくれる店だっただけに、取らぬ狸のなんとやらで、けっこうがっかりしてしまった。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る