コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA大海物語2Withアグネス・ラム』  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA大海物語2Withアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
27000523ヤメ
総投資額 27000円
総回転数 513
大当たり回数 0
確変回数 0
総出玉数 0
換金額 0
収支 -27000円

■ハズレの嵐

ここはひとつ経験値で選ぶべし。ということで数分間の回遊ののちに座ったのは、『甘海・アグネス』となった。回りは1000円20個には届かないだろう。だけど、スルーと電チューの拾いがそんなに悪くなく、打ち方によっては余録もゲットできる。

長い時間打っていないので、その辺は殺されずにいるのも幸い。以前は専業さんも結構いた店だが、今はその姿を見ることは少なくなった。それはもしかすると幸いなのかな。(いやいや専業さんが常時いる店のほうが釘が動くので本当はいいハズ)

さて、打ち出していくと思ったよりも回りは多い。最初だけの傾向だと思うが、夜まで打てるぞ!の勢い。しかし当たりはなかなかやってこない。1/99とはいえ、当たらない時には当たらない(アタリマエ)。つまり、意外と、そう簡単な確率ではない。

あっさりと確率ラインを超えてしまう。150回転くらいのところで初の魚群が出た。しかしあっさりと当たりラインを通過してハズレてしまう。2倍ラインもさくっと超える。うーむ。250回転付近で、2回目の魚群。なんだか当たらない気分だ!と思っていたらその通りだった。

そんな展開に動じない回りがあれば、ヘラヘラしていられるのだが何せ、ギリギリの回りで打っているので心中は穏やかではない。しかし、ほかにアテがあるわけでもなし、継続するのみか。いずれにしてももう少し。

300回転も突破。350回転付近で三度目の魚群発生。なぜか100回転ごとに出てくる魚群なり。そして仏の顔も二度三度か、三度目の正直か?はい、ハズレでしてた。マリンちゃんが「ゴメンネ」といって沈んでいく。ついには400回転も突破。

頭から4倍オーバーとは残念な展開。だけど騒ぐほどの「不幸」ではない。単なる確率の隔たりに過ぎない。いつもいつもそう考えて打ってきた。だから今回もそうするのだが、予想どおりと言うべきか回りが落ちてくる。それでもごまかしながら進んでいくが、500回転を超えたところで、さじを投げた。


■くよくよせずに

523回転。その間のハズレ魚群は3回。前の人が回した回転数が追加されているので、頭上のメータは813回転となっている。誰もが見られるので、通る人が怪訝そうな顔である。席を立ったところで、どこかの誰かが「それっ」とばかりに着席する。どんなに回っていても当たりが近いわけじゃないよ、と心の中でつぶやく「お大事に」。

その後、もう一回店内を一周して「悪あがき」はやめて退店することにする。帰り際にちらりと先ほどの台を見るともなしに見ると、すでに当たりランプがチカチカと輝いていた。まあ、これもよくあることですな。

帰り際に3軒のホールを見てから家路へ。心に刺さった棘はさらに深くなってしまった気がする。くよくよしないで前見て歩け! 人生、そんなにうまくいくことばかりじゃないんだから。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る