コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳5 百裂
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
17000円4037疑似連四回・背景カットインケンシロウ
432七傷予告・デカボタンウイグル
633ジャギ
937シュウ
141百裂ゾーン黄色保留
131ウイグル
954死闘開始シン
83赤エフェクト
548黒王乱入
293百裂フラッシュサウザー
2117挑発予告・百裂拳サウザー
123黄色保留・あづい
27百裂チャンス
957七傷予告ウイグル
410百裂ゾーン
143乱世ゾーン
6793黄色保留アミバ
1873ケンシロウ
1623強敵ゾーン・背景カットインジャギ
3983緑保留サウザー
771トキ
808赤保留・七傷予告シン
277赤保留・赤エフェクトウイグル
53黄色保留・赤エフェクト
432終了
総投資額 17000円
総回転数 3862回
大当たり回数 24回
確変回数 8回
総出玉数 10324個
換金額 25500円
収支 8500円

序盤から投資が嵩む……

前回の『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』の続きとでも言おうか、今回はその翌日に打った時のもの。その昨日は初当たりが単発ばかりに泣かされながらも、なんだかんだと連チャンし、納得のいく結果だった。今日はどんな風な展開が待ち受けているのだろうか。釘のほうは珍しくどの台も昨日と変わらない様子。まあなんとかなりそうである。さっそく打ち始めると昨日と違い、ぐんと突き抜けるような回りもなくいたって平凡な回りだ。5000円を投資した段階で128回転目となった。

もうちょっと欲しいところだったのに、次の5000円ではがくっと落ち込み、結局10000円の投資で228回となってしまった。ぶん投げたいところだったが、これはたまたまだと思う。それでも1000円24回ぐらいが妥当なところなのだろうか。今日はあまり自信がない。15000円を使っても、なんにもなし。

403回転目、疑似連が1回、2回と続き、なんと4回まで続いたじゃないか。どうせ、と思っていただけに思わずじっと画面に食い入る。「背景カットイン」もあり、「ケンシロウ」リーチへと発展。後半も「キリン柄」がカットインし、めでたく大当たりとなった。使ったお金は17000円。この回りでオレとしては頑張ったほうだ(笑)。

ST43回転目、「七傷予告」の赤文字は大チャンスといっていいだろう。画面に「デカボタン」も出現し当たった。しかしラウンドは6Rだった。63回転目には「ジャギ」とのバトルを制し今度は「333」の16Rをゲット。さらに後半、93回転目には「シュウ」が登場し当たった。期待してなかっただけに嬉しい一発だった。今度も「777」の16Rとなった。序盤から4連チャンはまずまずといったところか。

次は早い一発がきた。141回転目、黄色い保留から「百裂ゾーン」をゲット。相変わらず確変が続かない。その時短13回転目、「ウイグル」とのバトルが成立。強い予告もなかっただけにまさかの展開にびっくり。なんと「トキ」が参戦し勝利してしまったのだ。6Rながら、してやったりの気分。確変、後半の95回転目には「死闘開始」の赤い文字から「シン」を倒し勝利。ん〜、しかし今度もまた6Rだった。とはいえ、ST後半に差しかかったところだったので喜ぶべきだろう。最初の当たりを数えると、6連チャンしたものの結局16Rは二度当たっただけだった。持ち玉は10000個ぐらいか。なんとかプラスに転じた。

211回転目、画面に「ケンシロウ」の足が見え、いつもならば青いオーラをまとっているが、この時は珍しく赤いオーラだった。思わず、打ってる手を止め画面を見つめていると、「挑発予告」の始まり。1回、2回、3回、さらにと期待していたがここでテンパイとなってしまった。ところが、この後画面が暗転し、まさかの「百裂拳予告」が発生。「サウザー」リーチへと発展し、「キリン柄」もカットインして当然のように大当たりとなった。

12回転目、保留が黄色ながら「あづい」と画面に出て「222」と揃い、これが「777」へと昇格。さらに2回転目には「百裂チャンス」から「777」の大当たり。さらにSTも後半に入った95回転目には赤いエフェクトと「七傷予告」も絡み当たった。今回は4連チャンながらすべて16Rだった。

気を良くしたのも束の間。お次は案の定というか、お決まりのパターン。410回転目、「百裂ゾーン」突入も時短を消化しただけで終わる。さらに143回転目には「乱世ボス」を倒し、5Rの確変をゲットしたものの、これまた敢えなくスルー。462回転目にはひょっとしたらマックスタイプでも見たことがなかった「超強敵ゾーン」へ突入。疑似連が三回続き、「フドウ」リーチが掛かるものの外れてしまったのだった。


せっかくの図柄当たりも……

気付けばどっぷりの様相。そろそろ700回転に入ろうかといった679回転目、「奇跡の村」でいつものように「アミバ」のセリフでガセに終わるところが、なんと「トキ」が登場し、そのままデジタルが揃ったのだった。初めて見る展開に思わず声が漏れそうになった。しかしせっかくの展開も、連チャンのないままスルー。今日はまずまず図柄で当たっているというのに、この切なさったらない。

それでも次は早い一発がきた。今度も図柄当たりだ。「ケンシロウ」リーチから「333」と揃った。STも中盤になってくると嫌な予感が漂う。案の定、予感は的中。今度も連チャンしないままSTは終了。162回転目には「強敵ゾーン」突入から「背景カットイン」も絡み、「ジャギ」リーチへと発展。ボタンカットインは弱いパターンにも関わらず当たった。これで4回続けて確変が当たったことになる。さすがに今回ばかりは連チャンするだろうと思いきや、4度続けてのスルーとは一体全体どうなってるのやら。

飲まれるわけでもなく、かといって大変なことになるわけでもなく、結局はそれなりの回りに相応する結果ということなのだろうか。早いのが二つばかり当たったあとは、これといった熱い演出もない398回転目の緑の保留がモノになった。「サウザー」リーチは発展すらしないと思っていたところ、後半まで行ったのには驚いた。カットインは緑だったので、まさか当たるなんて思ってもみなかった。5回続けての確変大当たりである。

STに入ると、相変わらずの様相漂う。とにかくバトルに一向に発展しないのだ。77回転目だった、中出目に「天帰掌」の文字が現れた。この際、1Rでもなんでもいいから、「止まれ!」と願っていると、無事停止。「ラオウ」が登場し当たった。しかもラウンド中のバトルを制し16Rとなったのだ。久しぶりに連チャンした瞬間だった。

一回当たったものの、次もなかなかてこづった。80回転目、保留が赤く変化。やがて当たった。今度は図柄がピクリとも動かず6R。次は27回転目、これまた赤い保留で久しぶりに前半にモノになった。さらに5回転目には赤いエフェクトが発生し当たった。やっとの思いで5連チャンまできたが、さすがにここで潰えてしまった。持ち玉は13500個まで復活したものの、その後、制限時間いっぱいまで打った悪あがきもここまで。

回りが回りだけにこんなもんだろう。疲れ果てたとはいえ妙に納得して家路へと急いだ……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る