コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳5 百裂
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 2500円
総回転数 4466回
大当たり回数 33回
確変回数 7回
総出玉数 12911個
換金額 32000円
収支 29500円

久しぶりに楽な展開か……

そのまま、ふらっとどこかへ行ってしまいたい衝動に駆られながらも、足は自然とパチ屋へと向かってしまうのだ。本日もK店でのパチンコだ。年が明けてからはけっこう打つ機会も多くなった。といっても前のようにメリハリのある調整ではないので、たまたま打てているだけのこと。打つ台も相変わらず『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』だ。この間、打ったあとちょこっと締まって、今日になってまた少し開くには開いたが、少し弱いような気がしなくもない。それでもまあいいやと打ち始めると、なかなかいい感じで回ってくれるじゃないか。回りムラとはいえ良いほうのムラならば大歓迎だ。

30、32ときたところで保留が緑に変化。え〜い、このまま当たっちゃえ〜と、その後の成り行きを見ていると、「挑発予告」が3回で直ぐにテンパイとなってしまった。ちょっと期待薄。掛かったリーチは「ウイグル」だったが、ここで「死兆星」のギミックが赤くなった。さらに後半の発展の場面で、今度は「北斗七星ギミック」までもが赤く発光。後半のカットインは残念、緑のほうだった。でも当たっても良さそうな雰囲気でもある。

運よくモノになった63回転目の出来事。使ったお金はわずかに2500円。STに入ると、32回転目には保留が赤く変化。「七傷予告」まで出て当たった。16Rの「777」だ。次は危うくスルーしそうな99回転目、なんとかバトルへと発展。相手は「ジャギ」。先制攻撃で、「ボタンを押せ」となりプッシュすると「777」の大当たりとなった。お次は早い一発がきた。18回転目、保留が黄色に変化し、中出目と右出目が同時に揃う演出。これが「222」と揃い、さらに「333」へと昇格したのだった。

ここからまだまだ続いて、圧巻は7連チャン目だった。カウントダウンがいよいよあと2つとなった127回転目、バトルへと発展。画面には赤い文字で「死闘開始」と出た。これがモノになったのだ。これはもう出来すぎだろう。結局、終わってみれば朝から10連チャンの快挙。お金も使わず、多分回りも大丈夫だと思うから、はっきりいって今日は楽勝か。いやそれ以上に、ひょっとしたらひょっとするかも。

153回転目には「百裂ゾーン」突入となるが、さすがに時短では当たらずスルー。それでも259回転目には黄色の保留ながら「ケンシロウ」リーチが掛かった。またしてもカットインは緑だった。ところが当たる時はこんなもんか。あっさり「888」と揃い、「777」の大当たりとなった。今度は1Rを含めると3連チャンで終了。

何だか少しずつ当たりが遠のいていくような気がしなくもない。471回転目には「フドウ」リーチへと発展。途中、「百裂ロゴ」が赤く発光し動いた。またまたカットインは緑。ん〜、当たりそうもないなあ。そう思っていると「ラオウ」が倒れて勝利。やるもんだねえ。それはいいが、当たりは重くなり、連チャンは逆に軽くなってきたぞ。今度はこの1回の当たりでSTはスルーしてしまった。

最初の楽勝パターンは何処へやら。どうやら雲行きが怪しくなってきた。さらに言えば回りのほうだってもはやギリギリの線。こんなんで大丈夫だろうか。400、500、600、700も超えてしまった。729回転目、疑似連が掛かるもわずか1回で終わってしまった。しかしこれが「リュウガ」リーチからまさかの発展。掛かったリーチは「ユリア」だった。「北斗七星ギミック」も赤く染まった。さらに「百裂ロゴ」も赤くなり、がくっと動いた。そして後半のカットインでは今日初めて「キリン柄」がお目見えした。

にもかかわらず、あえなくハズレとなる。まさか復活もないのか。じっと止まったデジタルを見つめていると、画面が割れ復活の大当たりとなった。ふぅ、助かった。STに入ると後半の80回転目、「ジャギ」とのバトルを制して大当たり。121回転目には「トキ」の演出で辛うじてSTのやり直し。1Rとはいえこれは嬉しい一発だった。やり直した8回転目には画面に赤い文字で「あづい」と出て当たった。なんとか3連チャンしたものの、持ち玉のほうは9000個と、随分減ってしまった。

と思いきや、そうじゃなかった……

次はそろそろ早いのが欲しかったが、400回を超えたところでの「百裂ゾーン」は痛かった。しかしその時短13回転目に「傷発光先読み予告」となり、さらに「死兆星ギミック」も赤く発光した。「シン」のバトルへ発展し当たった。しかし図柄は「222」のまま動かず6Rの出玉。STに入ると後半の92回転目には「ジャギ」とのバトルで勝利。しかし喜びも半減。二度続けての6Rとは。しかも連チャンはここまで。

この後も相変わらず精彩を欠いた。310回転目の「百裂ゾーン」は連チャンもなく終了。ここからまたさらに悪化の一途をたどり、あれだけあった持ち玉もとうとうドル箱一つとなってしまった。まさかこんな展開になろうとは。そしていよいよ上皿を残すのみとなった。さすがにもう気力まで失せてきた。どうにでもなれだ。

数分後にはとぼとぼと店を後にする己の姿を想像していたのだが、突然ここで常連のお姉さんがポッケから飴を二つばかり取り出して「最後まで頑張って!」とあったかい言葉を掛けてくれたのだ。残すところ上皿だけとはいえ、俄然やる気というものが再度みなぎってきたぞ。

そして549回転目、赤いエフェクトが発生し、疑似連が3回まで続いた。これが今日最後のチャンスかもしれない。「シン」のリーチも後半のカットインはもうおっかなくてボタンさえ押せなかった。しかしこれがモノになったのだ。3連チャンとなりなんとか負けはなくなった格好となった。そしてさらに終わってわずか189回転目、今度は疑似連が四回まで続いた。「フドウ」リーチへと発展。もちろん今回もカットインのボタンは押せず仕舞い(笑)。

きっと「キリン柄」だったのだろう。奇跡の大当たりとなったのだった。最後の締めは7連チャンとなって、最高値の出玉までは及ばなかったものの、一応形にはなった。今日は我ながらよく頑張ったと思う。まあ何よりも「頑張って!」と、応援してもらったのが本日の勝因とでも言っておこう……(笑)。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る