コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRスーパー海物語 IN 沖縄3』  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRスーパー海物語 IN 沖縄3
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5000958先読み泡マリン
80003752R先読みサンゴ
74サンゴ
280008114ノーマル
1000210ヤメ
総投資額 42000円
総回転数 1498
大当たり回数 4
確変回数 1
総出玉数 0
換金額 0
収支 -42000円

■冬だけど海

ステージのクセがまあまあの『沖縄海』がある。いつもと変わらないヘソのサイズだが、シメになっていないというところに好感が持てる。1000円20回転に届くか届かないか? 朝から誰かが打って当たり回数が8回となっている。トータル回転数を見ると、おそらく8連チャンしたのかも。

そんなヒキが「たまには欲しいなあ」と無い物ねだりをしつつ着席する。打ち出していくと、やはり思ったようにステージからの決まりが悪くない。保留玉の点灯状況に関係なく、丁寧に合わせ打ち(ステージ乗りの玉の挙動などを見ながら打ち出しをコントロールすること)をしていく。

5000円投資したところで、先読み演出が発生。3回続いて、魚群か!?と思いきや泡だった。しかし、これがモノになった。マリンちゃんが、エンゼルフィッシュを射止める。昇格はなし。確変率は65%と高めなのだが、そうそう上手くはいかないわな。出玉は削られていて少なめだが嘆くほどでもない。

時短ではやや、玉が減る感じ。これは仕方がないところ。イマドキの等価交換はこんなのばかりだ。40玉交換で打っていたころは、ここで如何に玉を増やすかが腕の見せどころであり、楽しみでもあったのだが、そんな季節はとっくに終わっている。あまり減らなきゃいいやくらいの気持ちでないと、心が折れてしまう。

お金と玉と両方使いながら進めていく。ちょうど確率ラインで、先読み予告発生。スーパーに発展したが、大当たり図柄を過ぎても止まらない。ということで2R確変確定となった。電チューサポートが弱いので早く当たったほうがいいのだが、願い通りさっと当たる。

魚群に期待するも、泡でそのままサンゴ。絶望的なパターンでまたもや単発。たいした回りでもないし、時短が終わったらヤメてしまおうかと思う。しかし、俄然どうしたことか回りがアップしてきた。

1000円21-22回転くらいはあるじゃないか。一時的な現象かもしれないが、これは捨て置けない。玉はなくなったが、構わずに打ち進めていく。300回転は軽く突破。400回転を超えたところで、魚群(本日初!)が発生したが冷やかしだった。うーむ。

500回転600回転そして700回転と確率の2倍ライン。たった2倍だけど、マックスタイプに近い初当たり確率ゆえに厳しいものがある。もう止めようかと思った800回転過ぎに、何の変哲もないノーマルリーチがそのまま当たる。サメが3匹笑ってらあ。

今度こそはと思うが、昇格はなし。厳しいなあ。時短を消化すると今度は大分玉を減らしてしまった。やはり追ったのが失敗だったかもしれない。回りはまあまあのラインをキープしているが、トータルではやはり打ち込めるほどでもないか。
■大敗なり

手元の玉がなくなって、1000円だけ追加投資したところで、投了。気づくともなく大敗だ。まあ、展開たのみのパチンコなのでこうなることも覚悟しなきゃいけない。冬月もこの稼業ではすでにベテランの域に入ってきたが、どうもしっくり来ないパチンコが続く。

しかし、ソチではベテランにも期待する。不屈の精神を持つアルペンスキーヤー佐々木明。そしてジャンプの葛西紀明。両選手には持てる力を十分に発揮してほしい。成績が付いてくれば勿論うれしいが、もしそうでなくてもその挑む不屈の精神を応援しているのだ。

外に出ると、ここら辺では珍しいくらいの雪が積もっていた。生活は不便になる人もいるから、手放しでは喜べないが、個人的にはやはり雪は大好き。ほーっと白い息をはいて駐車場を歩く。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る