コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR地獄少女 FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR地獄少女 FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 ***回
大当たり回数 ***回
確変回数 ***回
総出玉数 7239小
換金額 28956円
収支 27956円

■撤去寸前だけど

中に入ると暖かい空気に触れてほっとする。いくら寒さに強いだのなんだのと言ったって限度はあるさ。さて、ゆっくりと場内を歩いていく。最初のシマを見終わった時に、すごいスピードでどこかの誰かが、冬月の見ているシマに入ってきた。

どっかで見た顔だな。たぶん「拾い」を専門にしているお方。それにしても、まあまるで親の仇をとるがごとく、目をギラギラさせている嫌な感じ。「食う」ためには必死なんだろうけど、それでも出会いたい光景とは言い難い。

背中をすり抜けるように、冬月の後ろを早足で駆けて次のシマへ向かっていった。そんなに焦らなくても冬月はあんたの獲物を横取りしたりしないよ。なんだかなあ〜。悲しい朝なり。

さて、彼が去った後にシマを回遊していくと、「なんとか打てるかな?」という装いの台が、もはや撤去寸前の『地獄少女・甘』。たいしたことはないと思うが、過去の経験から言うとこのへソならば、まずまず回るだろう。

出玉関係は全然ダメで電チューサポートも厳しいが、展開によってはしばらく座っていることが可能だと思う。食いつき次第ということになるが、等価のパチンコにおいてそれは仕方がないところ。

ほかにこれだ!という台があるわけでもなし。そんな消極的選択で遊技開始。500円の玉を借りるとすぐにチャンス。保留が変化して、赤エフェクトから「ストーリー疑似連」が発生。意外と出現率も低く、その分の信頼度もまずまず。

蝶フラッシュも発動して「いただき!」と思いきや、外れて2Rパカパカですと。まあ確変確定なので、ありがたいことには違いない。電チューサポートがつかないので、500円分の玉をまた借りる。

「あいの家モード」ですぐにチャンス到来。疑似連から「ストーリーリーチ」へ発展。これは外れようもなく偶数が揃った。しかし、セグは見覚えのある確変のいい子だった。ラウンド終盤に蝶フラッシュ発動で昇格。

確変ゲームはとても楽しい本機種。法則性があっていい。特に「いま大当たりしたら確変」の演出はなかなか素敵。いや、別にただ演出に過ぎないわけだけど、わくわく感が多少楽しめる。

疑似連からもう一発「ストーリーリーチ」で大当たり。今度はちゃんとした確変で3連チャンは確定。1000円しか使ってないからなんとかなればいいなあ。たまには楽なパチンコをしてみたいものだし。

そんな願いもたまには叶う。この当たりが引き戻しを加えてなんと9連チャンもしてくれた。こうなるといつ止めてもいいやととう気持ちになる。とりあえず流れが切れるか、回りがダメになるか!? どっちかが来るまでの勝負だろう。


■レインボーカラー

流れはさほど切れることなく、まずまず当たりが来る。夕方近くまで打って、出玉は7000個にもなった。初当たりもいいし、連チャンもボチボチ伸びる。2014年、最初のお年玉的な感じだ。確率の2倍ラインまで、無理して回したところでヤメにした。どこまでも、追いかけてしかるべき釘ではない。

出た玉をカードに入れて、表にでる。日は高いものの、ほんものの寒さが身に染みる。こういう時は「虹」でも見たいなとふと思う。レインボーは人種と民族融和の象徴だ。そういえば、ドイツ五輪チームは、ロシア政府への抗議の意志を暗に示して、レインボーカラーをユニフォームにしたらしい。ボランティアも知ってか知らずか、パッチワークレインボーに。

えらいもんだなあと思う。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る