> > CRAデラックス海物語withT-ARA 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデラックス海物語withT-ARA  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ソチ五輪前半が終わった(パラリンピックはこれから!)。何度か続けて書いてきたけど、今日は最後になるかなあ〜。ともかくたくさんの感動を「ありがとう」です。メダルが何個とかそういうのは「もういいや」と何度か書いた。

やっぱりそうだったと思う。勝負なんだから勝つ人がいれば当然、負ける人もいる。しかし、それぞれのアスリートたちが世界の舞台に立つまでの努力と苦労だけは想像がつくし。その上でのすばらしい競技ぶりに感動したと、そういうこと。

しかしながら、心配していたとおり残念な発言もあちこちに。「あの子は大事な時には必ず転ぶ」に至っては、もう開いた口がふさがらない。よくあれで要職を辞任しなくて済んでるな!?とさえ思う。

浅田真央選手については、随分書かれているし、その評価はやおおむね賛成なので書かないけど、本当に涙が止まらなかった。アルペンスキー回転出場の湯浅直樹、佐々木明両選手は応援したけど、二人とも棄権。しかし、超絶難易度のポールセットに最後までファィトしたその姿にまた感動。

明日からも頑張ろうという気持ちになったという意味では、本当にスポーツはするのも観るのも素晴らしいと改めて思った次第。思えば、この稼業に入ったのもそんなことと関係がある。雑誌などで、頑張る当時の誌上プロと呼ばれる人たちの記事を読むにつけ、内容に惹きつけられて勇気をもらっていたことを思い出す。

田山幸憲さんや池上蓮さん、飛鳥一平さんなど……残念ながら、みんな故人になってしまったが、個性的で魅力的な人たちだった。よく「あの時代」はよかったという言葉を聞くけど、基本的には復古趣味で好きじゃない。しかしこの業界に限っていえばやはり「あの時代」はよかったと思う。

しかしながら、自分がそうなれているかと言うと、穴があったら入るしかなし。ああ、これもまた田山さんがよく書いていた「ジクジたる思い」なのだ。さあて、今日も出かけた後のパチンコとなる。このシーズンは致し方がないと割り切りつつ、地元に帰ってきたのはもう夕方近くなっていた。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る