コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデラックス海物語withT-ARA  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAデラックス海物語withT-ARA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 7000円
総回転数 ***
大当たり回数 ****
確変回数 ****
総出玉数 6276
換金額 25104円
収支 18104円

■ギリギリで

地元のA店(等価)に赴くと、さすがに夕方だけに結構なお客さんがついていた。これはこれでほっとする。ガラガラでは張り合いがなさ過ぎるもの。しかしながら、4パチコーナーは選び放題といった様相。このままでは日本中のパチ屋が、ほとんど1パチになってしまうのじゃないか?と危惧を抱く。そうなったら、もう廃業しかないな。ああ、時は移ろい人は年をとる。

さて、何を打とうか、打てるか?と見ていくもぱっとしたものはナシ。うーむ。時間も時間だし無駄打ちはしたくない。バラマキ禁止例を自分に発令して、しぼりこむことにする。となれば勝手しったる「甘海」しかないか。

触ったことがない機種を少し触ってみたいという気持ちもあるが、それはまた今度時間のある時にすべしだ。ということで過去の経験則で『甘海・ティアラ』に着席。データをみると、30回の大当たりとなっている。当たりグラフの分布などはどうでもいいが、平均的に当たっているようだ。

とりあえず1000円20回転を目標に打ってみる。しかし、ダメな方からのスタート。500円で投げて隣へ。こちらもダメ。「おかしいなあ〜」。なにかどこか変わったのだろうか釘。動きが最近読みにくいかも。

最初からダメな子に付き合っている暇はなし。以前の記憶から、3番手のイメージがある角台がちょうど空いたのでそちらに移動。おお、こちらはウエルカムな感じ。1000円22回転くらいでのお出迎え。これが正体ではないと思うが、とりあえずでも回ってくれないと打つ気にはならない。

確か、前回はいきなりの5倍オーバーからスタートしたと思う。今日は時間もないのでそれは勘弁してほしい。と、自分に都合よく考えての遊技。5000円投資の時点で回りはまあまあのラインをキープ。

7000円目で、魚群から「キュイン」でサメを捕獲。これがSTで3連してくれる。ただし、玉持ちは予想以上に良くない。こんなに悪かったかなあと記憶の糸をたどるもよく思い出せない。とにかく長居はできない感じ。

その玉が残っているうちにまた魚群から「キュイン」今度は長く鳴いてジュゴンを捕まえた。STでは当たらないが、時短で2発。いずれもノーマルリーチがものになる。展開とするといけそうなそうでもないような。いずれにしても「流れ」があるうちまたは回りがガタ落ちしない限りは続行か。

3回目の初当たりは、150回転くらいを要して玉を減らしてから。3度目の魚群。これは「キュイン」と言わずにマリンちゃんがカニを止めた。そしてランプはラッキーのビッグに点灯。Kポップのティアラが登場。まあ、それにしてもお足がきれいですこと(笑)。
■わびしいネオン

この当たりには100回時短が付くが、もったいなくもSTで連チャン。とはいえ、時短中に玉減り必至だからいいとしよう。そしてショートの時短で連チャン。ちぐはぐと言えばそうだが、悪い展開ではないことも事実。

回りは上がったり下がったりだが、ごまかしながら結局夜までダラダラ。時刻は9時過ぎ。夕方からとはいえ、この時間まで座っていたのは割と最近にしては珍しい。もう「おねむ」の時間。玉はいつのまにかというかコツコツと順調に6000個。

十分な戦果に満足して帰ることにしよう。「大事な時にはいつも転ぶ」冬月だが、それでも気をつけてせいぜい生きていこう。

表に出ると一時の寒さは和らいでいるような空気。それでも駐車場には雪の固まりがまだ残っていた。後ろを振り返ると、Aホールのネオンが寂しそうに点灯していた。なんだかどこか侘びしい気持ちになる。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る