> > 『CR戦国乙女3 M9AY』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR戦国乙女3 M9AY』  
text by タッキー
 
筐体画像 プライベートでも付き合いのあるFaceBookのお友達で、その彼のお友達の話。いわゆる友達の友達ということだろうか。もちろん直接の繋がりはない。しかし頻繁にFaceBookのコメントに登場する、そのお友達のお友達の名前に見覚えがあり、ずっと気になっていた。そして昨夜その謎が解けたのだ。ひょんなことから古い名刺の整理をしていたら、そのお友達と同姓同名の名刺が出てきたのだから驚いた。

もう随分前のことだが、バイクに夢中になっていた20代の頃に、Kという老舗ブランドの革のつなぎをオーダーした際に、採寸やらいろいろとお世話になったそのお店の店長さんの名刺だったというわけ。もちろん世の中、同姓同名の人物なんて大勢いるわけだが、さすがにこの名前はそういるもんじゃないなと思い、さらに言えばその二人の友達同士はバイク繋がりのようなので間違いないと確信した。ゆうべ、その直接の友達に連絡してみたところ、やはりそういうことらしい。

いやあ、世の中広いようで狭い、というお話。聞けば、現在はもうその会社は退職し、仙台の方で違う仕事をしているとか。もう20年以上も前のことなので、その店長さんだったお友達の顔なんて覚えてもいないが、その時の応対がとても親切で丁寧だったことが、ずっと心の奥底の記憶にあり、それが今回の件を紐解いてくれるのに一役かってくれたのだろう。きっと偶然ではないと感じるのだった。一期一会という言葉があるが、どこでどんな風な出会いがあるか分からないので、偶然にしろそうでないにしろ、その出会いを大切にしなきゃならないと思う。歳を重ねる毎に、その思いは強くなるばかりだ……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る