> > 『CR超シャカRUSH GLI』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR超シャカRUSH GLI』  
text by タッキー
 
筐体画像 我が家はご多分に漏れず、暮らし向きはそんなに楽なほうじゃない。いや、パチンコバブルが弾けてからというもの、どちらかといえば苦しいほうだ。そうはいっても子供の頃と比べると、どこが苦しいのかといった暮らしぶりである。休みの日には必ず何処かへ出掛け、まとまった休みでもあれば、遠くへ旅行に行くことがさも当たり前のようになってしまっている。車だってオレのものと、かみさんの乗る軽自動車をそれぞれに所有し、当たり前のように携帯電話の月々の決して安くない利用料金を払いながら貧困に喘いでいるというわけだ。

こういった生活はなにも我が家だけのことじゃないだろう。結局のところ、昔のような暮らしぶりには戻れないってことだ。友達同士の付き合いもあって、あそこの家がどこそこへ行けば、それに右へならえといった風である。つつましく生きてゆくにはとても大変な時代ということだ。いつだったか、かみさんの車に乗ってパチ屋へ行ったことがあった。それをたまたま某掲示板に書き込みする連中の目に留まり、「タッキーが軽自動車乗ってたぞ」などと話題になってしまうほどだ。そんなもの大きなお世話じゃないか。そういった良からぬ周囲の目を気にしながら生きてゆかなきゃならないのだ。もっともオレはちっとも気にならないけどね(笑)。

これ、実は現在のパチンコにも当てはまるということが言いたい。とにかく今は、効果音に光り物、派手なギミックが当たり前のような時代だ。誰も望んではいやしないと思えど、メーカーももはや後戻りできないのである。時折、昔のようなシンプルな台が登場したところで、なかなか多くの支持が得られないのもまた現状だ。結局そんな時代に翻弄されながらも上手く付き合ってゆかなきゃならないのだろう。うわべだけでも。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る