> > 『CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF』  
text by タッキー
 
筐体画像 いつだったかこのコラムで、関西で美容室を営む友人の話をした。新店舗を云々という内容で、そのお祝いの品をどうしようかといった悩みを書いた。結局、悩んだ末に花より団子というわけで、酒を贈ったのだ。やつが大好きなウイスキーのとある銘柄を。一人、家で飲むためならば絶対に買わないような、値の張る年代物のウイスキーを偶然見つけて迷わず購入したのだ。偶然とはいえ、暇に任せて酒屋を何軒もハシゴしてようやく見つけたのだ。立派なショーケースに飾られており、店員さんを呼ばなければ取り出せないような代物なのだ。とはいっても何十万もするような超高価ものではない。でも中にはそんな値段のついたものもあったっけ。いったいどんな味わいなのだろうか。

まあ酒の話はこの程度にして、その友人の彼が、「あと10年は頑張るよ」なんて言ってたけれど、そう、逆に言えば我々にはもう頑張れる期間がそのぐらいしか残されていないということだ。オレなんて怠け者だからせいぜいあと頑張っても5年ぐらいにして欲しいと願ってはいるが、実際のところ10年はおろか、20年は頑張らねばならないという現実。それはもう言わずもがなである。若い時に散々楽な暮らしをしてきた報いとでも言おうか、アリとキリギリスの、キリギリスの心境なのだ。オレはまだまだ道の途上ということだ。20年後は遥か彼方なので、ひとまず6年後の「東京五輪」まで踏ん張るとするか(笑)。

そんなわけで、今日もパチ屋へと向かったのだが、今週は週末にかけてけっこう忙しい。要するにパチを打てる時間がないということ。それなのに昨日はあてもなく彷徨ってしまったのだった。さて、今日はおめがねにかなう台はあるのだろうか……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る