> > 『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 大雪になったり、暖かくなったり。春がそこまで来たか?と思いきや、また寒波襲来。気候の変動が激しい時期だ。いわゆる三寒四温ってやつか。三日寒くなって四日暖かくなって、それを繰り返してやがて冬から春へ。

季節に限らず、たいがいのことはそんな感じで少しずつ変わっていくものなんだろうと思う。これは良くも悪くもある。「ビーカーの中のカエル」という言葉があるが、水からじょじょに熱を加えられると、カエルは逃げる機会を失いゆだって死んでしまうという話。

何だか、世の中が少しずつ、おかしな方向に変わっていくような気がしてならない今日この頃。朝起きると、雨まじりの嫌な天気。心なしか風も強い。そよ風は超がつくほど好きだが、強風は真逆で大嫌い。出かけるのもおっくうだが、車という文明の利器があるので、テキパキとことを済ませて、出かけることにした。

心なしか、道も混んでいる。道路の片隅には先々週の大雪のあとで黒く汚れた雪がまだ残っているところもある。S店(等価)に着くと、駐車場もそんな感じ。陽が当たらないところは、雪の固まりがある。それを横目で見ながらスタスタ歩いていく。

ホールの入り口に着くと先客は3人。かつては平日でも時間になれば、数十人は並んでいたというのに、一体みなさんどこにいったのだろうか。マシンガントークのおばちゃんや、魚おじさんなど、たまには顔を見たいものだが……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る