コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこCRモンスターハンター』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 ***
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 ぱちんこCRモンスターハンター
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3000円61クエストモード特訓
1000円731緑保留・ギミックダイミョウサザミ
447テスカトル
57赤エフェクト
727テスカトル
157緑保留・赤紋章
197赤エフェクト
671緊急クエストラオシャンロン
97緑保留
627緑保留グラビモス
138赤エフェクト
1177赤エフェクトキリン
527緑保留クシャルダオラ
967赤保留キリン
117
647超RUSHオオナズチ
255クエストモード
2563緑保留・激アツナルガクル
397赤紋章クシャルダオラ
277赤エフェクト
17緑エフェクト
473赤紋章・疑似連二回オオナズチ
3176緑保留・疑似連三回ティガレックス
1821ドドブランゴ
7756ギミック・キリン柄カットインリオレウス
518赤紋章ラオシャンロン
127青エフェクト
285赤保留
278クエストモード
2407大狩猟モードナルガクル
945キリン
90G赤紋章ヤマツカミ
27赤エフェクト
187青エフェクト
193レインボーエフェクト
137レインボーエフェクト
125終了
総投資額 4000円
総回転数 3649回
大当たり回数 36回
確変回数 4回
総出玉数 29508個
換金額 ***
収支 ***

序盤から楽勝ムード……

そんなわけで、目覚めはいいが、すっきりしない朝を迎えた。今日は新台の『ぱちんこCRモンスターハンター』を打つために朝から並んでみた。確かスロットではけっこう話題になった機種だと記憶しているが、パチのほうはいかがなものだろうか。労せずして新台の整理券は確保することができたが、それでも家を出てからこの整理券を手にするまで、二時間余りを要したことになる。この程度ならば普通なのか。ようやく開店となり新台に座ることができた。釘のほうはといえば、ヘソだけ見ればなんとなく無理っぽい。ステージ頼みということか。

さっそく打ち始めると、案の上初めの1000円では19回という回り。今日はほかにもあてがあるので、いっそのことぶん投げてしまおうかと思ったが、逸る気持ちを抑え、さらに1000円を投資すると今度は27回の回りがあった。ん〜、しかし肝心のステージがほとんど役に立たない。もう少し様子を見ようと投資を重ねると、61回転目、弱そうなリーチがかかり、その外れたあとに「クエストモード」となって何がしかの当たりがあった。

どうやら50回転の電サポが付いたようだ。てっきり突確かと思い、気を良くしてデジタルを消化していると、その50回はあっさり抜けてしまい、抜けたあとの画面も通常のものになっている様子。よくよくスペック表を見れば、どうも出玉なしの通常っぽい。ようするに50回の時短が付いてきただけという話。けっこうきついなあ。バトルタイプでもあるまいし。

玉は出てないので追加の投資を余儀なくされ、4000円を入れると今度はバトルリーチへと発展した。小冊子によれば「大型モンスター討伐」リーチと呼ぶらしい。「ダイミョウサザミ」とかいうモンスターが現れ、「クロスフラッシュ」と呼ばれるギミックも発動した。カットインは赤だった。これが幸運にも大当たりとなったのだ。しかし喜んだのも束の間、どうやら今度は4Rの通常を引いてきた模様。薄いところを順に引いてきてしまったというわけか。

がっかりしながら50回の時短を消化していると、その後半44回転目に再びモンスターが現れこのバトルに勝利。電チューでの当たりはすべて確変ということなので、120回のSTに突入ということになる。この当たりも「222」が「777」となり16Rとなった。使ったお金は4000円とはいえ、ここまで来るには長い道のりのように感じるが、今どきの台は皆こんな感じなのだろう。

STに入るとわずか5回転目にエフェクトが赤く染まり速攻で「111」と揃い「777」へと昇格した。初めの30回転までは「超速RUSH」と呼ばれ、長いリーチにはならず一瞬で大当たりになるようだ。なかなかスリルがあっていい。次は72回転目に「大型モンスター討伐」リーチへと発展し、そのモンスターの攻撃を避け大当たり。これもまた16Rだ。さらに15、19、67、9と当たり続け、しかもその当たりは殆どが16Rだ。STはまだまだ続き、気付けば15連チャンの快挙。前回といい、オレがオレでないような感じだ。神でも宿ったか!?
一転して……

回りのほうもステージが少しずつ良くなり、十分戦えるような回りになってきた。255回転目には再び突然通常が当たる。出玉のない50回の時短。当然のように何も起こらずスルー。持ち玉があればどうということはないが、現金投資だとかなりきついなといった印象を受ける。

256回転目には緑色の保留変化から「激アツ」と出た。疑似連は2回ばかり続いた。肝心のギミックがクロスではなく片方だけ発動し、「大型モンスター討伐」リーチへと発展した。ちょっと弱いのか。果たしてカットインでは「キリン柄」が現れ、グッと信頼度が上がり当たったのだった。今度は赤い図柄の「333」が三つ揃い、確変が確定した。ようやく初めて正真正銘の確変が当たったことになる。今回は5連チャン。初回の当たり以外はすべて16Rで、持ち玉は早くも28000個オーバーとなった。前回の大漁出玉が、ちらっと頭をかすめた。

しかしここからはけっこうしんどい展開となった。317回転目に大当たりしたものの、4Rの通常。さらに182回転目にもこれまた通常を引いてきてしまった。そうこうしている内に今度は当たりまでもが遠のいてしまう。こうなると、大袈裟な疑似連がやけに気になる。いくかなと思っても、ノーマルリーチで終わってしまうパターンが殆どなのだ。426回転目、4大チャンス演出の一つ、「BIGアイルー」が登場し、大型モンスターの中でも信頼度の高い「ティガレックス」が登場。カットインが緑だったのが痛かったか、あえなく外れてしまった。

ようやくモノになったのは775回転目だった。「VSリオレウス」に勝利し、「666」と三つ揃った。しかしこの期に及んで通常とは痛い。ところがそのラウンド中に確変へと昇格したのだった。4連チャンしたものの、16Rは一度だけで随分と持ち玉を減らしてしまった。それでも240回転目には今日初めて見た「大狩猟モード」は4大チャンス演出の一つだ。しかしその後が弱かった。ギミックも片方しか発動せず、カットインも緑だった。

ただ、モンスターは期待度の高い「ナルガクルガ」だった。これがモノになった。「111」の図柄も「777」へと昇格した。STに入ると、いきなり後半まで持っていかれたが、94回転目になんとか踏ん張り当たった。さらに次も後半の90回転目に大当たり。そしてここからは早い当たりが、2、18、19、13と続き全部で7連チャンまで伸びた。持ち玉も長い時間かけて少しだけ上乗せした格好だ。わずか1000個程度の上乗せだが、この過程に意義があるということだろう。電サポ終了と同時に今日という長い一日に終わりを告げた。

期待値以上に儲かった日には誰かに奢るべし、というのが持論(笑)。友人のたけし君に連絡したみたものの、不通。今日も真っ直ぐ家族の待つ家に帰ったのだった……。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る