> > 『フィーバー海猿』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバー海猿』  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、とあるところで一泊したのだが、その時に寝たベッドが非常に寝心地の良いもので、朝起きた時に、睡眠時間は短かったものの、ぐっすり眠れた実感があったのだ。いつもはどんな布団で寝ても、寝返りをうつ時には腰に痛みを感じて夜中に目が覚めてしまうことが日常だった。しかしこの時は一度も目が覚めることもなく、もちろん腰だってちっとも痛くなく、朝まで快適で体も軽い感じがしたのだ。聞けば、やはりというべきか、それなりの物だったというわけ。

当然のように値段もそれなりにするようだ。聞いてはみたものの、さすがにちょっとおいそれと出せるような金額ではなかった。ついつい、グローブがいくつか買えるなあと、まったく物の価値というものが分かってないというか、ずれているというか。しかし本来はこういった物に金を使うべきなんだろう。何処でも眠れてしまう貧乏性のオレにはなかなか手が出せない代物なのである。ん〜、それにしても快適な寝心地だったこと。

きっといい夢を見ていたに違いない。もちろん、今朝はいつものようにコタツの中で朝を迎えたのだった。もう腰の辺りが固まってしまい、朝は顔もまともに洗えないような始末。ごそごそと起きだして、いつものように簡単に身支度をすませ家を出た。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る