コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAスーパー海物語 IN 沖縄3 ASB』 他  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAスーパー海物語 IN 沖縄3 ASB
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 27500円
総回転数 ***
大当たり回数 ****
確変回数 ***
総出玉数 2458
換金額 9832円
収支 -17668円

■アテがない

とはいうものの、打てるかどうかはまた別問題。この日も朝イチからA店(等価)に向かった。行ってみると先客は3人ほど。携帯でSNSなど見ているうちにすぐに時間になった。ゆっくりと店内を歩いていくが、パッとしない。さっそく1人ポツンと甘海を打っている常連のおじいさんの顔も冴えない。

一時は贅沢を言わなければ座っていられるくらいの状況だったのだが、どうもそうではない感じになってきた。軽くシメられた後に釘は放置されたままで動きが感じられない。どうしようか? とりあえず、可能性のある台を触ってみようか。ほかに手はあるのかと言えばそれはない。

店を変えたところで、前日との比較ができるわけではないので同じこと。どこかに埋まっているかもしれない打てる台を探す放浪の旅へいざ。まずはステージがいい『戦国乙女』から。しかし打った時よりもへソが狭い。やっぱりダメだ。へソ周辺で跳ねられる玉が多い。500円で9回転。

次がまだ打ったことがない『冬ソナ ファイナル』に移動。こちらはへソのサイズはまあまあ。ステージからどのくらい入賞するかがポイント。うーむステージに乗らないな。500円で6回転という体たらく。これがホンモノかどうかは分からないがとりあえず打つ気が起きない。

3機種目はシメ体制の甘海の中では唯一、シメ残しの『アグネス』。へソサイズはまあまあ。しかしこのシリーズの中ではもっともステージからの入賞率が低い調整になっている。1000円で18回転。何とかなりそうな気もするが、最初の500円で12回転、次が6回転なのでやる気が失せる。3台ばかり打ったが、さらに回らない。

ならば客付きのいい「ルパン・ミドル」に着席。こちらは最初の500円で15回転もして「おおっ」と思わせてくれたが、そんなのは一時的、瞬間的な現象に過ぎない。2000円ばかし打って捨てる。ともかく玉の動きがよくない。

と、腰を上げようとしたその瞬間に疑似連から、サーチライト発動。そしてトラ柄から「激アツ」アクション。これはひょっとしてひょっとするのか!? でも保留1からの展開というのが気になる。ほーら、銭形のリーチでハズレですと。

再度、さしかけたカードを抜いて台移動となる。どうしたものか。ステージ性能が比較的いい(と思われる)『沖海・甘』。前回打った時よりもへソは一枚シメだが、ほかにアテもなく。座るとすぐに泡からサメかなんかが揃って当たり。これが3連チャン。

しかし、やはりダメだと思う。わずかな玉を持ってまたまた移動。おいおい、一体何をやっているのだオレは。そこらの素人衆以下じゃないか。微妙な釘の変化だけを頼りに打ち回っている姿は人には見られたくない醜態だ。
■ダメだ

そこから2時間あまり、なんの反省もなく何回かどこかの台で当たって移動してを繰り返す。勝ち負けはともかく何か収穫が欲しい。この場合の収穫は「見込み」というやつなのだが、それもなかなか見つからない。しかしながら、「ああ、この台はここがこうなれば打てるな」という感触が3機種ばかりあった。でもそれだけ。そのここがこうなればという日が来る保障などない。

投資はふくらみ、それを回収する見込みもなく、今日もダメダメなパチだった。どうしたものかなあ〜。3月ももう残り少ない。アテもなくさすらう日々。4月から消費税が上がるのだから状況はもっと悪くなるのだろう。さあ、困った。冬月カースケ。おまえは一体どこに行く。放浪の旅は続く……。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る