> > 『CRひぐらしのなく頃に頂 〜ライトver〜』 他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRひぐらしのなく頃に頂 〜ライトver〜』 他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ついに、消費税が上がった。政府広報などによれば、増税分は社会保障、福祉医療に使う! とのことだが、健康保険料や医療費などは年々上がる一方で、これからも下がる見込みはないので?? とハテナマークが沢山頭のなかを飛び回る。

収入に関係なく、負担が同じになる間接税は問題が多いからできるだけ避けるべきって遠い昔に、学校で教わった記憶がある。その原則は変わってないでしょう? 年収が低く生活がカツカツの人でも、大富豪でも同じ税率じゃ、生活格差は広がるばかり。公平負担じゃなくて、不公平負担じゃないの?

そんなこと考えながら、山から降りてきたら高速道路の料金も約2倍になっていてこれまたがっくり。庶民の生活はホント苦しいぞ。これじゃあ、パチ打つ人々も減りこそすれ、決して増えないだろうなあ。

国の中も外も、どこもかしこも暗い話題が多いこと。ただ、冬月で言えば私生活だけは健康をキープして大きなトラブルがないことが救い。長生きしていれば、そのうちいいことも起きるだろう。

週末は雪山にいたので、今朝は早く起きてたまった仕事のこまごまを片付けていく。6時前から3時間ちょい。なんとか頑張って終わらせると、もう出掛ける時間となった。

もはや渋い基調のS店(等価)だが、他にアテもなくってとこ。それがいけないのだが、長年ジグマ(一箇所でしのぐパチプロのこと)でやってきたので、どうも染み付いてクセは抜けない。

これだけ巷にパイが減れば、何処かに移動して打つだけで、そつなればなんらかのアツレキも生じる。それも正直嫌なのだ。わがままだなあ、面倒臭がりだなあと我ながら思う。もっともそういう性格だからこそ、こういう道に足を突っ込んだとも言えるわけで、誰をうらむでもなく、粛々と状況を受け入れつつ生きる他はない。

さて、今朝の釘はどんなものだろうか? かつて通っていた店の大半は、毎日のように釘が動くまたは、ボーダーギリギリならば、しばらく据え置きというのが通例だったが、今は本当に釘が動かないのだ。だから朝イチのワクワク感を味わえるなんてことはめっきりなくなってしまった。

とは言うものの、やはり今も昔もパチンコの基本は朝イチにあるのだと思う。ただ以前ほどその価値がない。早朝どころか、恥ずかしながら夜中から並んだこともあるあの日が懐かしい。「パチを打つためには、できる努力はすべて行う」が自分自身のモットーだったが、いつの間にかそういう思いも、雨の後の虹がやがて消えるようになくなってしまった。

いかんいかん。さあともかく釘読みだ。マックスのシマから急ぎ足で見ていく。ミドルそしてライトコーナーを駆け抜けて、最後は甘デジへ。どこも予想どおりに動きがない。どうしようか? もしかしたら打てる可能性があるのはライトミドルの『CRひぐらしのなく頃に頂』か。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る