コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
 

実戦データ
店舗名 関東s店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 7500円
総回転数 **:
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 7199個
換金額 28796円
収支 21296円

■アグネス

さて、地元のS店(等価)はまあまあの混み具合。とはいうものの空き台はあちこちにある。それでも打てそうな台に限って誰かが座っている。とくに先日打って「ステージがいいな」と感じた『甘海』にどこかの見知らぬ人が座っている。

くしくもタッキーがこの前のコラムで打っていた『アグネス』だ。もっとも彼の打っている店ほどは回るまい。なんと言っても等価なのだから。どうしようかなと迷いながらもぶらぶらしていると、先ほどの台で打っていた御仁が出て行くまのが見えた。

急ぐともなく、くだんの台のシマに行くと、空き台になっていた。頭上の回転数は450回転となっていた。4倍オーバーのはまりに嫌気がさしたのだろう。それもまたよく分かる。回る台ならばいざしらず、たかだか1000円20個やそこらでは、投資も大変なことになる。

さて釘を見てみると、前回打った時と変わっていない。これならば「合わせ打ち」で頑張れば20個はやや越えるだろう。玉持ちもさほど悪くないので、夜から打つにはいいと思う。さて食いつきはいかに。等価のパチンコに持ち玉比率は関係ないが、それでも時間が少なめなので、食いつきが悪いとやはり勝負としては苦しくなる。

タッキーは1回転目で当たって、その後にドハマリで撃沈したみたいだが、甘デジだってそんなことはよくある。確率分母の4倍5倍のハマリは日常的に訪れる避けられない現象でもあるわけだ。もっと言えば、短時間勝負でも2倍は絶対といっていいほどあるし、3倍ハマリにも簡単に遭遇する。

それはパチンコを打つ以上、絶対に避けては通れない道なのだ。そこで大事になるのが通常時の回転率ということになる。そこがパチンコの勝利の鍵であり、それが全てといっていい。とすれば、等価交換というのはもっとも勝ちにくいシチュエーションとなるわけで、ここ数年の苦戦の原因はそこにある。

あとは、玉増えとか技術介入の要素でそれを補っていくしかないという現状。一時は京楽系や藤商事系の台にそれが可能だったものが多いが、最近は対策も進み、攻略要素も減ってしまっている。朝の拾い(潜伏)などもラムクリで対処され、ライバルも多くどこでも厳しいようだし。

まさに八方ふさがり。現状を打開するには動き回るしかないのは重々分かってはいるけれど……。そんなことを考えながらも目の前に台に真剣に向き合うこと。投資5000円で104回転というまあ大体思ったとおりの感じ。これ以上の台はそうそうはないので、時間まで打っていくのみ。

ハズレ魚群が1回出た。5500円目、2回目の魚群。これまたハズレ。そしてその6000円目にノーマルで普通にエンゼルが即止まり。いかにも海らしいね。この当たりが3連チャンとなかなかのスタート。しかし全部飲まれそうな間際にまたエンゼルのノーマル当たり。


■世俗にまみれて

これがデジャブか!?と思うくらいの展開で3連。長く打っていると色々なことが起きるね。そしてこの玉はうまくつながってくれる。8時過ぎには、うまいこと5000個を突破。ここで目標は達成。

でもまあ流れに乗って進んでいくと、キュインキュインと鳴いてまた3連チャンが2回。爆発というほどでもないけど、なんとなくいい流れを感じる。結局、9時過ぎまで打って7000個ばかりの玉になり、頂点切りでおしまい。

持ち玉遊技の旨みはないのでこれでいいだろう。打ち切ることが大事な以前とは違うのだ。世俗にたくさんまみれた。さあ帰ろう帰ろう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る