> > 『CRAデジハネ蒼天の拳STV』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAデジハネ蒼天の拳STV』他  
text by タッキー
 
筐体画像 社会という枠から逸脱している身にとっては、そんなに人付き合いは多いほどではない。それでも、パチンコ関係の仲間、同級生、ソフトボールの仲間達、それにご近所さんと、ほかにも子供繋がりでけっこうたくさんの友人がいることに、最近になって気付かされた。ここには上下関係などほとんどない。多少、年齢の上下はあるもの、気兼ねなく付き合える友人達といっていいだろうか。

なかでも、毎週のように顔を合わせるソフトの仲間達が一番身近な存在といえる。面白いもので、オレがどういう仕事をしているのかさえ、分かってない連中もいる。それほど仕事とは無縁の仲間達といえよう。この間、その仲間の一人が、試合後の飲みの席で、「タッキー、1000円貸してくれない?」と言うので、なんだよそれと言いながら千円札を一枚貸した。どうやら部費を払おうと思ったらしく、財布の中身を探ると、1000円ばかり足りなかったらしいのだ。で、オレに1000円を借り、部費を払うのはいいが、その部費やらなにやらを担当しているのは会計係のオレなのだ。

まったく(笑)。やつは、近くでラーメン屋を営むマスターなのだ。時間があれば週に1回や2回は食いに行く。結局、1000円を返して貰う形で、その何日後かに食いにゆく破目になったのはいうまでもない。気の置けない仲間というやつだろうか。週末はいつもこんな感じで、昼間から飲んでいるダメオヤジである。それにしても今年はちゃんとした花見もできず残念な春だった……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る