> > 『CR米米CLUB 大収穫祭KSX』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR米米CLUB 大収穫祭KSX』  
text by タッキー
 
筐体画像 これまでにも何度か、うちのベランダに雀が巣を作ったと書いてきたが、確か去年は一度も来なかった雀。ところが今年は気がついたらいつの間にやら巣ができていて、1週間前ぐらいから雛のピイピイ鳴く声が聞こえてきた。昼間は親鳥がせっせと巣に餌を運ぶ姿を何度も目撃した。近頃、雀の数が減少傾向にあるようなので、たった一つがいの雀とはいえいつまでも元気でいて欲しいと願うのだ。

そして一昨日のこと。夕方になって子供から「今日はサプライズがあったよ!」と嬉しそうにメールがあった。なんのことか分からずに帰宅すると、なんと雀の雛が巣から落ちてしまったのだとか。幸い、大事には至らなかったが、大喜びしたのは子供達だ。手のひらに乗せ、記念に写真を撮り巣に戻したそうだ。それはいいが、果たして親鳥は巣に戻ってきてくれたのだろうか。残念ながら、夜遅くに帰ってきたのでそれを確認することが叶わなかった。

ただ、雛の鳴く声が夜になっても聞こえてきて、直感だが親を呼んでるような鳴き声に聞こえた。どうしたものか、いっそのこと巣から雛を取り出して親代わりに育てるか。もしホントに親鳥が巣にいなくて、餌を食べられていないとすれば、タイムリミットは朝までだろう。夜中には疲れて眠ってしまったのか、それとも力尽きたのか、雛の鳴き声が止んだ。眠れない夜を過ごし、早朝ベランダを窓越しから覗いていると親鳥の姿を発見。やがて、巣に入った親鳥を確認しホッと胸を撫で下ろした。その後も元気に雛のさえずる声が聞こえてくるのだった。もちろん、今朝もピイピイと賑やかな鳴き声が聞こえてきた。小さな命に触発され、いつもより軽やかな気持ちでパチ屋へと向かった……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る