コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 14000円
総回転数 ***
大当たり回数 3
確変回数 3
総出玉数 0
換金額 0
収支 -14000円

■貞子さん

しかし、冬月よりもここの店に連日いるのだから、優先権は彼にあるのだろうと思う。あまりガツガツと台を取るのもいいこととは思えない。どうしても取りたければ定刻にのんびり行く自分を戒めればいいだけ。でもそれもどうかな?と思う自分もいたりする。

というわけで虎の子の1台はおっちゃんが抑えたわけだから、他を探すべし。さて何が打てるだろうか。先週打った「おしおきピラミッド」が2台ばかり朝イチ潜伏状態になっているが、へソも小さいし、潜伏しているからといって勝ちやすいわけでもない。ヤメ時が難しいだけに、回らないと確実に負債だけが増えていく。一か八かの丁半博打は得策じゃない。

他には「タイガーマスク」や「ゴルゴ13」など一見へソが大きい台もあるが、たいしたことはない。長時間打つには値しないだろう。マックスやミドルにも食指の動く台はない。ということは昨日に従ってとりあえず撤収という手が良さそうだ。

ということで一旦I店を出る。向かうは地元のU店。こちらも等価である。店内に入ると4パチのコーナーはまだガラガラの様相。まだと言っても夕方になってもたいして変わらない。まあ釘もおおよそそんな感じだ。

それでも先日見た時よりも釘に多少の動きがある。とくに打てそうな気がするのが「リング・甘」だ。右側に難点はあるが回りそのものは耐えられるレベルだと思う。他にも2機種「これは?」という子もいたが、まずは貞子さんより。それにしてもこの機種の息は長い。いい機種はこんな風に長く使えるわけだから、入れ替え費用の負担も減るだろうし、いいことである。

とりたててスペックが甘いとは思わないが、基本的なゲージも良くて、右打ち時の技術介入も可能。演出も慣れればなかなか奥が深くて、打てば打つほど良く作り込まれているなあと感心することも少なくない。

というわけで本日は貞子さま。打ち出すとすぐに疑似連がスタート。2回続いてアツい模様になったが肝心の役モノが作動せず。しかし終盤でスーパーに発展した。当然のごとくハズレ。しかし、アタッカーがパカパカした。マックスタイプではまずありえない展開だけど、とりあえず玉ナシ2Rを速攻ゲットした。使ったのはたったの1000円。

しかし、電チューサポートが付くわけではないので、そのまま当然の追加投資。35回転までが高確率。これがそう簡単にはひけない。ひける時はウソみたいに簡単にひけるのだが、そんなのは一時の天運のみ。ということで朝の天運には恵まれず、スーパーが一度掛かっただけで、STはスルー。

気を取り直して回していくと、次は電話ベルの疑似連が金色になって3回。これだけでもアツいが片手が落ちてきてスーパーへ。リーチ後半にはDANGER柄も。これは難無く当たりをゲット。スモールラウンドだが、とりあえずは玉と電チューサポートを獲得。

ところが、これもまた何事もなくSTはスルーしてしまう。さて3回目に挑戦。そして投資もふくらんでいったところで、先ほどとそっくりな展開で「貞子終焉リーチ」に発展。カットインはDANGER柄ではなかった。ああ、と思ったらハズレ。しかし、「キャーーー」と両手が落ちてきて再始動の大当たりとなった。

2度あることは3度あるとよく人は言う。気分もそんな感じ。そしてその気分の通りの出来事が。つまりは3度目の連続スルー。なんだかなあ。でも回りはボチボチなので当然の続行。展開の良し悪しを一々苦にしていては仕事にならない。悪展開の連打はなかば当然のことでもある。
■不穏だ

4回目に挑戦しているところで、郷里の母親から着信が入った。なんだかよからぬ予感。急いで店外に出ると、予感は的中。小さい頃からお世話になっていた叔母さんが亡くなったという。突然たおれてあっという間だったらしい。血はつながっていないが、母親とも仲が叔母さんだった。

気落ちして涙声である。もちろん冬月も悲しい。店に戻って遊技続行という気分にはならず上皿の残ったわずかな玉もカードに入れて店を出る。とりあえず明日からのお通夜やら告別式やらに備えないといけない。

生きていることの意味をまた考える。外に出ると春先特有の不穏な天気。今にも泣き出しそうな雲が広がり、風も強く吹いている。心の中にも雲がかかったようだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る