> > 『CR牙狼魔戒閃騎鋼』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR牙狼魔戒閃騎鋼』  
text by タッキー
 
筐体画像 早いもので、もう6月である。これから梅雨という時期を迎えるはずなのだが、その梅雨が来ないうちに夏が到来してしまったかのような週末だった。子供の運動会にソフトボールの試合と雨で流れるよりはいいが、それにしても過酷な天気だった。両日とも炎天下の中、出ずっぱりだったもので体がもう重くてしょうがない。頼まれると「ノー」といえない性格なので、いつの間にかPTAの有志で作る会に入らざるを得なくなり、運動会の準備や途中の見回り、後片付けに追われた終日だった。

オレ達が子供の頃もこんな風にして大人達が準備をしていたのだろうか。親が学校の行事に駆り出されていた記憶なんてまるでないのだが。ただ、子供達も後片付けに参加してくれ、けっこうスムースにいつもの広い校庭に戻った。それでも長い一日だった。夕方飲んだ生ビールは格別なものだったことは言うまでもない。

こんな季節だから、そろそろパチ屋の冷房も気になるところ。この間行った店は冷蔵庫のようだった。あそこまで冷やさねばならない理由が分からん。オレが言うまでもなく、誰かが従業員に寒いと言ってたけど、ちゃんと伝わっているのかどうだか、いっこうに快適な温度になる気配はなかった。3年前の節電ムードは何処へやら。パチンコ台だって、ますます過激なものになるばかり。のど元過ぎればなんとやらというやつだな。

そうはいったところで、そのパチ屋とパチンコ台と共存しながら向き合っていかなきゃならない日々である……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る