> > 『CRA有閑倶楽部 ASA』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA有閑倶楽部 ASA』他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 まあ、しかし小人である冬月は、些細なことを気にするところがある。些細じゃないことは勿論のこと。先日もある友だちが予告もなく、入っているSNSを脱会した。伝え聞くところによると原因の一つはどうも自分にあるらしい。それは誤解に基づくことなんだけど、今更どうすることもできない。

最近この手のことがいくつかあって、心にトゲが刺さったような感じ。小さなことだ!と豪快に笑い飛ばせるせーかくではない。この他にも結構、深く刺さっているトゲも何本かあって、時々痛みを感じる。

その中には明らかに自分が蒔いた種によるものも含まれている。とはいえ、「何でそこまで!?」と思うこともしばしば。最近読んだ心理学者のアドラー大先生の本によれば、人生の悩みのすべては人間関係なんだと。

「すべての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ」(人生に革命が起きる100の言葉)

だそうな。とするならば誰もが多分、あちこちにトゲが刺さっているんだろうな。冬月だけではあるまい。しかしそれにしても、本当に打たれ弱い人間だわ。平気で人のことは打つくせに。

起きると暑い! なんだこの気温は。まるで盛夏じゃないか。おいおい6月アタマだろ? ニュースを見たら北海道なのに昨日は35度を越えたところもあったらしい。うっとうしい梅雨のまえに、夏が一足早くやってきたって感じかいな。

起きてから、ちゃっちゃとやるべきことを片付けて家を出る。今日は打てる台があるだろうか。あれば夜までの時間はあるが、やらなければならないことが山積みになっているから、たいしたことがなければ無理はしないで帰宅するという二段構えの方針(というほどたいしたものではないけど)。

I店に着くと、先客は気の良い兄ちゃんほか数名。そのうち早口兄ちゃんもやってきた。おお久しぶりやね。近況なんか色々と話しているうちに開店時刻になるわけだけど、やはり見知った人と会話や挨拶ができるというのは、心の健康にはいい。パチンコは基本、一人でやるものだが、孤立無援というのも寂しい話だ。

さて、時間になって店内にはいると微妙な感じ。まったくダメではないけど、喜んで打てる感じでもない。とはいえ押さえるべき台が一台あったので車の鍵を置き、さらなる回遊へはいる。マックスやミドルにはアケはない。ミドルで1機種「これは?」と思うものもあったが大した代物ではない。

というわけで、押さえた機種へと戻る。それは最近こればっかり!とも言える『有閑倶楽部』。出玉や電チュー性能が『ベルバラ』より格段に落ちるということはあるが、基本スペックは甘めの子。ただし、ベルバラと違って原作をまったく知らないので、打っていて「??」となる局面多し。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る