コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 2500円
総回転数 2581回
大当たり回数 59回
確変回数 17回
総出玉数 9150個
換金額
収支

お気に入りなのだが……

パチンコも流行りの台よりも、ちょっと前のおっさんぐらいの台がいい(笑)。最近の中では随分と息の長い台となった『CRリング 呪いの7日間』。ハンドル一つとってもかなりくたびれた感があるが、ちゃんとデジタルが回ってくれて玉増えさえあればいつだって打ちたい。ここ数年の中では五本の指に入るほどお気に入りではある。何度も書いてきたと思うが、小当たりさえなければ満点とまではいかなくとも90点以上の点数をあげたい台だ。とはいえ、そろそろ新しい『リング』も気になるところ。そんなことを考えると、あと何回打つ機会があるだろうか。一抹の寂しさがある。だからと言っちゃなんだが、なるべく一つに機種に依存しないように日々心掛けている。

しかしここ1週間ぐらいはかなり頻繁に打ってしまっている。ほかに開けはないのと、『リング』の釘がずっと据え置きだからだ。もっとも、先週いわゆる一枚というサイズだろうか、ちょこっと締まったのは見逃さなかったが、期待値という観点からいえばまだ打てる釘なのだ。もちろん、そんな状況なのでガッツリは打ってないから、収支のほうも僅かなもの。でもあてもなくぶらぶらするよりはいい。

だいたいオレの住んでいる地域というのは都会じゃないが、いろいろと誘惑が多いところなのだ。ぶらぶらしているとろくな事がない。ギャンブルでいえば、競輪、競馬、ボートにオートレースだってある。基本的にはギャンブルはやらないから誘惑に負けることはないが、それ以外が危ない。大好きな野球の二軍の施設がいくつもあるのだ。だいたいは無料で入れるから、天気の良い日などはふらっと見に行ってしまうことも多い。二軍といえどもドラ1の選手がいたり、調整中のバリバリの一軍選手がいたりするので、なかなか見応えがあるのだ。

打つ台があるというのは幸せなことだが、時にはパチ屋にずっと缶詰め状態なのが耐えられなくなって遊んでしまうのがオレの悪い癖。だから、真面目な仕事人は務まらないというわけ。なんだか脱線してしまったが、ここのところ雨ばっかりで体も動かしてないから、ストレスを発散したくなってきた模様(笑)。

「今日こそは何処かへふらっと出かけてやるぞ」と思いながらも安い銭で食い付いてしまい、結局いつものパターン。ふぅ、何処か遠くへ行きたい。そうだな、今の時期ならばやはり梅雨のない北海道へ行きたい。会ってみたい人もいることだし。

さあ、その『リング』、最初に打ったのは甘ではなくマックスタイプのほう。ただ、1000円打ってぶん投げた。スルーが足らないなあ、と思いながらも打ち始めてしまったのだが、それよりも気になったのがハンドル。ガタがきてるとかいうのじゃなく、ハンドルの中に固定していたであろう、プラスチックの破片がいっぱい詰まっていて、自由が効かないのだ。まさか、従業員に「コネコネできないから取ってよ」とは言えず諦めてしまった。

いつもは午後から打つ甘の『リング』を今日は早々と手を付けた。たまにはいいだろうか、と勝手なオレの都合。打ち始めるとあっさり1000円で突確が当たった。青い保留だったからどうせと思ってたら当たった。ヘソで回すと18回転目、赤い文字が発生。疑似連もなく「呪いの手」ギミックが片手だけ落ちてきた。「貞子終焉」リーチでなんなく当たった。しかし図柄は「222」。次は後半のカウントダウンが始まったところでぎりぎり当たった。これまた2Rの「888」だった。

3回目もなんと後半の31回転目に当たった。「もしかして」の声と共に図柄が昇格し「333」と揃ったのだった。この後も二度当たって序盤から5連チャン。楽勝ってほどでもないけど、まあ大丈夫だろう。

お次も突確からの当たりで連チャンはなく単発。次も早い当たりだったが2連チャンで終わる。この後がいけなかった。激アツ演出を二度続けて外し、そこからは何もないまま危うく飲まれる少し前で当たった。284回転目、青い保留ながら金の文字も出現。疑似連発生かと思いきや「ラッキーパト」出現で大当たり。これが4連チャンほどしてくれたのだ。
やっぱりギリギリだとキツイなあ……

今日は一杯やる相手もいないから、一人でささっと飯を食った。ちょっと味気ないが、やっぱりパチプロってのは一人で飯を食うもんだ(笑)。食事から戻ると、単発が1回。ちょっと嫌な予感がしたものの、149回転目、「新聞」リーチの発展しないパターンで当たった。いつ見ても気持ちいい。ここから連チャンしたのはいいが、まあとにかく2Rばっかりでちっとも玉が増えん。久しぶりに10回を超えたというのに電チューの玉増え分と変わらないんじゃないかと思うほど。

ただこの後も、軽い当たりに8連チャンも加え、持ち玉も12000個を超えたのだった。今日はいつにもましていい感じだ。ちょっと欲を出して遅い時間まで打ってみようと思う。もっともいつも終わる時間は遅いのだが。しかしこれがいけなかったのか、もともとギリギリの回りなわけで、ちょっと嵌れば持ち玉なんてあっという間に吹き飛んでしまう。

夜になって、368回の嵌りがあり、これが玉無しの突確。ようやく当たったものの、STはスルー。さらに94回転目には「潜るかも」のセリフから再び突確。これもまたスルー。三度目の正直も99回転目の突確だった。結局、玉が出ないままデジタルを550回以上も回したことになる。3度目の突確でようやく玉が出た。これが「222」から14Rの「333」へと昇格したのだった。ホントに久しぶりって感じ。

ここから復活するかと思えど、これは一発で終了。その直後に3連チャンしたものの、200回オーバーで2Rが1回。最後に辛うじて、「アツいかも」のセリフから疑似連が発生。突確演出へ発展し2Rがピカリと思いきや、14Rのランプが光った。こういうところがこの台の素晴らしいところなのだ。思わず『リング』バンザーイって声をあげそうになったぞ。2連チャンで終わったものの、回りが回りだけに、まあこんなもんでしょ、と言いたいところ。3000個以上減らしてしまったが、ちゃんと玉は残ったので気持ちは軽やかだ。外に出て空を見上げると、なんとまあ綺麗なお月様が覗いているじゃないか……。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る