コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAビッグシューターエックス』他  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRAビッグシューターエックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 20000円
総回転数
大当たり回数 12回
確変回数
総出玉数 0
換金額 0
収支 -20000円

気が付けば……

冒頭とは裏腹に、近頃パチ屋は半袖で打てる店も多くなった。当たり前といえばそうなのだが、それでも念のため上着だけは一枚持って家を出た。時には冷蔵庫のような店もいまだにあるから。今日は上着を持って出たのは正解だった。一軒目の店で、釘を見た瞬間に、今日はぶらぶらしそうな雰囲気だなあと感じたからだ。週末だし、しょうがないと言えばしょうがないのだ。ただ、この限られたなかでもなんとかせねばならない。ん〜、ただ今日はちょっと苦しそうだ。いっそのことたまには朝からぶらぶらしてみるのも悪くないか。そうは思いながらも、『CRA大海物語2Withアグネス・ラム 』に一台、開けを見つけてしまった。あまり気は進まないが、打ってみた。

ヘソは十分なのだが、肝心なのはステージの癖。最初の1000円では23回。まずまずかなあと思えど、その肝心なステージからの入賞が一つもない。次の1000円では20回の回りに落ち、結局2000円で一発もステージから入らないままぶん投げてしまった。きっと、これが新台ならばもう少し踏ん張っただろうが、なんだかこうやる気みたいなものがみなぎらないのだ。

結局、いつもの『CRリング 呪いの7日間FPW』に向かうオレ。そろそろこの台も限界か。釘はぎりぎり大丈夫とはいえ、あまりいじめるのも宜しくない。そうは思いながらも20回ちょっとの台に金を入れてゆく。すると、4500円を使った88回転目、突然画面に金色の「呪」の文字が現れた。もちろん、これだけで激アツ。疑似連もなく、画面にはなんとレインボーで「祝」と出た。ミドルも甘もけっこう打ってはいるが、初めて見たような気がするぞ。やっぱり今日もこっちだったのか。

「貞子覚醒陽一編」リーチで「ラッキーパト」まで出現し当たった。「111」がさらに14Rに昇格するかなあと思っていたが、残念5Rのままだった。STに入っても、リーチは掛かるが、演出が弱し。まあでも何度かリーチが掛かってくれたおかげでまずまず玉が増えた。次はなかなか回りが上がらないまま、ミニ貞子の持つプラカードに「潜るかも」と表示され、そのまま突確をゲット。ヘソで回してゆくと、25回転目、赤い背景からテンパイし「呪いの手」役物が片手だけ落下。さっきと同じ「貞子覚醒」リーチから後半のカットインでは「金」が出現。当然当たりかと思いきや、復活もなくデジタルが回る。

最後のチャンスかなと思っていただけに痛い。当然のようにまたスルーしてしまった。結局、少ない玉は飲まれはしたものの、114回転目に再び突確が当たった。今度もまたヘソで回してゆくと、ここまでぎりぎりだった回りが突如悪化。嫌な汗が出るほどに回らなくなった。おまけに今度はテンパイすることなくSTは終わった。さすがに一向に上がらない回りにやる気も失せて席を立った。また今度、機嫌のいい時にでも付き合ってもらおう(笑)。

ここでとっとと店を出れば良かったのに、先週いろいろと模様替えした島の気になる台を何台か突きたくなった。『ぱちんこコードギアス反逆のルルーシュ』、それから『ぱちんこ必殺仕事人お祭りわっしょい』と打ってみたが手応えはなし。気が付けば『海』から始まって、15000円も投じてしまった。もうやるべきことは済んだ。さあここからは羽を伸ばして店を見てみようと思う。ホントならば久しぶりのドライブにちょっとうきうきする筈だったが、15000円も使っていると、そんな気にもならない。それでも店を出る時に、ちらっとスポーツ紙を見たら、これから行くつもりの方面で1試合だけイースタンリーグの試合がある。いい天気だし、気分転換に夕方までのんびり過ごすのも悪くはないか。

球場にハンドルを向けながらも途中気になる店を1軒、2軒と覗いてみた。さらに車を走らせてゆくと、なんと突然の雨。梅雨時なので仕方ないとはいえ萎えるなあ。一時的なものかもしれないが、ちゃんと真面目に打てと誰かさんに言われているようだ。そえでもぶらぶらしながら熱帯魚のお店を2軒ばかり見てしまった。必要な物もあったもんで(笑)。
久しぶりの羽根物……

さて遊びはここまで。いつだったか思わぬ勝ちをいただいたお店によると、たまたま今日は新装開店初日だった。ん〜、一直線でこっちに来れば良かったのかあ。しかしこの間と比べるとヘソは小さ目だった。ここでも何台かに5000円ばかり入れてしまった。ちょっと早いが今日はもうお帰りか。と、ここで思い出した。そうだ貯玉で打てる店があるにはある。さらに車を走らせることになるが、その肝心の貯玉がもういくらも残っていないのだ。羽根デジぐらいならばなんとかなりそうな玉が残っていたかとは思うが。

店に着くと、最近触っていなかった羽根物の『CRAビッグシューターエックス』が、落としだけはいつもに増してデカイ。この台も先週辺りにこっちの島へ引っ越してきたばかりなのだ。以前あった場所ではネカセが影響してか、どうにもならない役物だった。少しは良くなってるかもしれない、淡い期待を胸に少ない貯玉を使って打ち始めた。やっぱりこの店はいつ来ても寒い。上着に袖を通す。

おっといきなり、一発目の羽根に拾われた二つの玉の一つがVゾーン目がけて飛んできた。かなり速い玉だったから蹴られるかなあと思っていたら、難なくV入賞となった。ラウンドは「7」の表示。お次は13個目の玉がモノになったがラウンド表示は「3」だった。次は10個目、さらに4個目の玉が回転体の穴を抜け、Vゾーンに吸い込まれた。悪くないんじゃないだろうか。ひょっとするとひょっとするかも。ただ、時間的に20000円のビハインドを跳ね返すことは無理。当たったラウンドすべて16Rならば話は別だが。でも明日につながるならば、それだけでも来た甲斐があったというものだろう。

さらにまた早い一発が来たが、肝心の16Rが一度も引けないのだ。そしてここで捕まった。さっきまで気持ちよくVゾーンに吸い込まれていた玉が、突如Vの手前をかすめるようになってしまったのだ。22個目の玉がようやくVを射止めた。しかし今度もまた7Rだった。次は4個目の玉が真っ直ぐ回転体の穴を抜け、ゆっくりとVゾーン目がけて落ちてきた。ん〜、悪くないのか、どっちなんだろうか。7回目、8回目と早い当たりだった。そして9回目、ついに16Rがやってきた。これで持ち玉も1700個ほどになった。まだまだ先は長い。

次は11個目でV。16Rが連チャンするかと思えば、また3Rの表示。そして次がびっくりするような展開だった。1、2、3……9、10と、結局回転体の穴を抜けながらもことごとくVゾーンをかすめてゆく。45個目の玉がやっとの思いでV入賞した。ラウンドは16Rだった。ん〜、やっぱり駄目なんだろうか。お次は22個目で当たり、次は30個ばかり拾ったものの、とうとう当たることはなかった。僅かな貯玉も使い果たし店を出た。いつも勝ってばかりじゃ申し訳ないし、たまには訳もなく(負けた理由は十分あるが)負けるのも悪くはないだろう……。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る