コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRコマコマ倶楽部@インターナショナル』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRコマコマ倶楽部@インターナショナル
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
100018名人赤フラッシュ将棋娘
5好機
209激アツ
135月光チャンス
262
31000715赤般若茄子
69
1000120ヤメ
総投資額 33000円
総回転数 1045回
大当たり回数 7回
確変回数 7回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -33000円

■インターナショナル

ほかにもないか?とほば全台を見て歩いたが、遊べそうな子はいない。というわけで、コマコマがダメならばお帰りか店替えだ。さて、どんなものかと打ち出すと思ったよりもいい感触。

ステージからの決まりがあるので、1000円20個は簡単に越えそう。ただ、ステージ乗りに合わせて打ち出しをコントロール(合わせ打ちと呼んでます)しなければならず、時間効率はやや落ちる。面倒くさいが、できることはすべてやるだけ。

おっと、わずか1000円で赤く保留がフラッシュした。割と出ないパターン。間違いなくアツいはず。そこからチャンス目が揃って「棋娘リーチ」に発展した。3つのパターンからリーチを選ぶのだが、どれを選んでも同じ。むしろ選んでから「強いリーチ」か「弱いリーチ」かが大事。この辺は、強制的に選択したものが強いか弱いで表現したほうが良かったように思うけどな。

とりあえず何もせずに(ボタンを押さずに)いるとチアガールの画面。あみだくじだと弱いが、ゴミシュートのアクションになった。これはまずまず強い。ゴミがはいって大当たり。わずか1000円で「名人」が揃った。

大当たり確率が1/89なので現行機種の中でも軽めだから、たまにこういうこともあるだろう。ところがSTは8回転あるのだが、約1/19の確率はそうそう当たるものではない。何度か打ったが、STではまず当たらない印象がある。

ところが、保留の先読みから「好機」となってキリモミアクションがそのまま当たった。「激熱」でも外すことが多いのでちょっとびっくり!そして時短にはいると、画面に「激熱」が表示されて、背景は唐草模様。これは当たるっしょ。「999」が揃って都合3連チャン。

そして135回転目に「月光チャンス」が発動。ガセで終わることも多いが、ナスの色が赤だった。そのままモヤモヤを晴らすことに成功して「王将」が揃った。時短終了間際に当たって2連チャンとなった。ドギツい感じではないが、いいペースだと思う。

丁寧に打てば幸い回りも安定しているし、とくに問題もなかろう。早い時点で5000個くらいの玉になりそうな予感もする。そんなことを思っていたら、一本メールがはいる。ちょっと対応しなきゃいけないことなので、離席して返信を打つ。ちょうど朝から何も口にしていないので、冷たい缶コーヒーを購入。改めて思うけど高くなったのね〜。消費税は痛い。年末には10%に上がるかもですと……、クワバラクワバラ。

戻って仕切り直し。オカルトじゃあるまいしと思うが、その通りで実はここから予想もしない展開が待ち受けていた。当たらないという例のアレ。100回転、200回転、300回転などはさくっとスルー。当然のように追加投資ロードに突入する。大体においてはまりの相場は4倍ラインがひとつの目安。

そう頻繁にあることでもないが、非日常的なことでは勿論ない。その4倍も軽々と突破した。さあ、こうなると更なる「高み」となる5倍ラインか。そこを過ぎると気分的にはもう「当たる気」がしなくなる。とはいえパチを打つ限りは避けられないわけで、ハマリが嫌ならばパチで食うことはできない。
■こんな日も

回りも悪くない。とすると追うだけしか手はないっしょ。甘デジ相手に過剰投資だとその日の負けはほぼ確定するが、それもまた仕方がないこと。500回転を超えてきた。そして550回転も超えた。これで確率分母の約6倍となる。

この時、実に久しぶりに唐草模様背景に「激熱」表示。いくらなんでも当たるだろうと思いきやこれもハズレですと。もうこうなるとどうでも良くなってくるな精神的には。そしてついに600回転も突破。どこまでいくのだろうか!? 確率上、起きうることはすべて起きうるのだ。

700回転も超えた。時間は2時間以上も経っている。頭がもうろうとしてくるが、ミドルやマックスならば毎日遭遇するラインだ。なんのこれしき。どんなハマリでも必ず終わりはある。その時は715回転だった。何度も外れた赤い般若から「一富士二鷹三茄子」で決着。「王将」が揃った。確率の約8倍か。長き旅だった。

これはSTで1回当たってワンセット。投資は31000円。どう見ても勝負は苦しいけど、進むしかあるまい。時間はまだ残されている。しかし、午前中にはいったメールの件がまた再燃。どうしても自宅に帰らないと処理できない案件だ。

後ろ髪を引かれるようにして台を離れる。約束そして浮き世の義理は果たさなければならないのだ。もう一度「戻って」とも思うがそんな気力も失せている。明るいうちに帰宅となった。甘デジ相手に大敗。こういう日もあるさな。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る