> > 『CR竜王伝説3 V99』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR竜王伝説3 V99』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 梅雨の晴れ間かと思いきや、雨の朝。本日は某機種の取材のために横浜まで行かねばならない。憧れの地である横浜は大好きなのだが、仕事となるとまた話は別。会場に着くと、入念なボディチェックを経て中に。

ものすごい数の人たちですでに会場はほぼ満席状態。まだまだ日本は元気なのか!? はたまた。ともあれ、華やかなパフォーマンスを観てから取材になったわけだけど、余りの人の多さにぐったりしてしまった。

終わったら、大好きな赤レンガ倉庫にでも行ってみようかと思ったが、連敗中の身ゆえにそんなゆとりもなく、そそくさと地元に帰ってきた。時刻はすでに夕方。I店に赴くと、まあまあの客付き。

電車の中からリュウジくんにメールで訪ねたところ「安い台ならばいくつかありますよ」とのこと。入店してみるとまさにそんな感じ。多くは望まないからとりあえず夜まで打たせてはもらえないものか。情報元のリュウジくんの姿はない。もはや撤退していたようだ。

さて、何を打つか? 空き台でまず目に止まったのが、先日「爆はまり」で大敗した『コマコマ』。そして『竜王伝説』。どちらも奇しくも豊丸さんである。

ほかにも安い台なら確かになくはないが、それらも出玉とかからみれば、ボーダーギリギリだろう。くだんの2台も出玉関係はたいしたことはない。いつも打っている『ベルサイユの薔薇』は空き台かと思いきや、どこかの誰かが、タバコを置いている。打てそうなのだが、縁がなければ仕方がない。

さて、まずは『竜王伝説』から。ストローク次第で何とかなるような顔をしている。弱めに打ちたいのだが、バネの具合があまり良くない。よってそれとは逆のストロークでチャレンジしてみる。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る