コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR竜王伝説3 V99』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR竜王伝説3 V99
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 19000円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 5212個
換金額 20848円
収支 1848円

■ドラゴン

悪くない感触。ステージ性能が高い機種ではないが、それでも中央の溝にはまった玉の1/2はへソにまっすぐに向かう。当たりは鈍い。頭から200回転を超えてくる。残り時間が少な目だから厳しいな。そんなこと思っていると保留が赤く変化した。

これだけで激アツ! そこから先読み変動が始まって、唐草模様背景の疑似連が開始。滑りはマックスまで到達。期待度が高い「紅竜リーチ」。落下スペシャルになって、大当たり。当たり方からいって当然、確変かと思いきや単発ですと。残念なり。70%を引けずか。

その玉はすぐに飲まれて追加ロード。2回目も延々と当たらない。投資はすでに2万円に肉薄。爆発力が弱い甘デジにおいてこれは厳しい。てか、毎回厳しいのだけど。展開だけは自分ではどうすることもできない。

どんな展開でも甘んじて受け入れていくのみ。正確には受け入れていけるだけの「回り」つまり期待値があるかどうか?という一点だけが問題になるのがパチンコとも言える。そしてこの期待値というやつは、実は回りだけではなく、出玉や時間効率とも大きく関係している。一筋縄ではいかないものなのだが、等価のパチンコにおいては、とりあえず玉が減ることなく、1000円20回転がひとつの目安にはなる。

しかし、この回転率というやつも1000円2000円ではまず分からない。回転におけるムラがあるからだ。1000円で30回転以上する時もあれば、10回転しないような時すらある。トータルでどれくらい回るかを把握するのは容易ではない。

しかも、基本的に等価のホールはよほどのサービスでもしない限り1000円20回転以上の調整など普通はしないもの。どちらかというと「回る」というよりは「回す」という技術介入の要素が不可欠。

ストロークや合わせ打ち(玉の動きを見ながら、打ち出しをコントロールすること)が欠かせない。また出玉を得ることも同じ。ましてや電チューサポート中は色々とやらねばならないことも多い。データはiPhoneで記録しているのだが、これがあるために実に忙しい。右打ちでなければ比較的、楽なのだが……。

まあ、それでも「やるべきこと」があるというのは、我々にとってはいいことでもある。何もやりようがないのが一番困るわけだから。さて2回目の当たりは先読みからようやくやってきた。滑り3回だが、スーパーの途中でカットインが赤エフェクトになって大当たり。

これが確変の中図柄「龍」。ランクアップボーナスということで12Rまで伸びることもある(16Rにもなるらしいが、出たことはない)。そして12Rまで伸びて、これが上手いこと5連チャンとなった。出玉は少ないがほっと一息。

しかし困ったことに、電チューサポート中の具合がよろしくない。いろいろとタイミングとストロークで対処するのだが、拾いが今ひとつ悪くて、玉減りが生じてしまう。以前はこれほどではなかったのだけどなあ。半ば小首をかしげながらも、ほかにアテもない。

当たりはまた遠のくが、確率の2倍ラインでまた5連チャン。今日は図柄だけと恵まれているかも、今のところ。投資は19000円とデッドライン。これを挽回するには(こういう考え方自体は本当は不毛なのだが……)5000個の出玉が必要になる。

この5000個というラインは簡単そうに見えて、甘デジにおいてはなかなか難しいものだ。いろいろな要素がうまくからまないとそこには到達しない。夕方からのパチンコですでに夜9時に差し掛かろうしている。出玉は2000個から3000個をいったり来たりで、一向に進展はない。

出玉関係がいいとは言えないので、もうヤメてしまおうかな。それでもギリギリ時間は残っているのだからとグジグジと思う。結局のところ、「その日の結果」にこだわっているのである。それはダメな思考なんだけども。心理的にはどうしてもそう思いたくなる。等価のパチンコは特にそうだ。


■濡れた路面

換金ギャップがある場合は、持ち玉という概念が生じるので期待値があればともかく「打ち切る」ことが大事になるし、今までずっとそうしてきたのだがなあ。さあもう残り1時間を切る。確率ラインになったら結果はともあれおしまいでいいだろう。そしてそのまさに確率ラインで、赤玉が発動した。

疑似連は2回でしかもリーチは惑星系でダメかと思いきや「金冠日食」が発生。そして日食100%で電チューサポート付きの玉ナシ確変に突入り。この当たりが奇跡ともいうべきか、7連チャンとなって出玉はやっと5000個を超えた。時刻は閉店30分前。もう店にはお客さんはほとんどいない。

はい、ここでおしまい。とりあえずしょぼいが連敗は脱出。そそくさと玉を貯玉して景品交換もせずに店を出る。昼間の雨は上がって、路面が触れている。久しぶりの夜のドライブを経て帰ろう。ツバメは元気かな。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る