> > 『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 先週の日曜日。大事な用があり新宿に行った。京王線に乗っていたので南口方面から西口に向かおうとしていたところ、何やらものものしい雰囲気。消防車やパトカーがたくさん。火事場見物は好きではないので、(毎月、編集部の会議に通っているため)今では勝手知ったる西口の方に向かった。

それでもあまりに周囲が騒然としているので、Twitterを開いてみたらどうやら焼身自殺をした人がいたらしい。後から報道されたことによると、「集団的自衛権行使容認に反対」のアピールをしていたとのこと。

身近で起きた出来事に驚きを禁じえない。燃え盛る炎の写真を後から見た時はショックだった。幸い一命はとりとめたらしいが。それにしても、おかしな世の中になっている感じ。ココロの中で深くため息。それでも世の多くは(冬月もそうだが)そんなことはなかったように淡々と毎日静かに進む。

閑話休題。そんな光景を目の当たりにしてパチ屋に向かうといういつも以上にじくじたる思いが強い。雨模様の朝はどことなく物悲しい。少し早く着いたので、読みかけの本を出してしばし読んだりしていると、帽子くんもやってきた。せっかく分かりやすくていいあだ名を付けたのに、最近は帽子をかぶってないじゃないか、と言うと「いやあ、暑いんで」とさ。

そのうちにリュウジくんもやってきたが「今日はスロットに行きます」と。いよいよパチンコは厳しいね。人生と同じように、あっという間に時間が過ぎて、開店時刻となった。さて今日はどんなものだろうか。

まず目についたのがいつも打っている『ベルバラ』。へソがわずかにアケ。喜んで押さえるほどでもないが、アケたという事実をもってひとまずハンカチを置いた。急ぐともなく他の台を見ていくも、今ひとつの様相。

玉増えや何かを加味すれば打てるレベルではあるが、「安い」ことは間違いない。そして、4、5月はボチボチ来ていた当たりも最近はさっぱり。打つたびになにがしかの負債を抱えてしまう始末。なんとかならないものかこの流れ。

とはいえ、これ(ヒキなどの運)ばっかりは人知ではどうしようもない。蛇の皮の財布を持とうが、高価な開運ネックレスを買おうが、寺社仏閣にお参りにいこうが、人助けをしようが、落ちている財布を正直に届けようが、電車でシニアの方に席を譲ろうが、ツバメが巣を作ろうが、関係ないのである。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る