コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 32500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -32500円

■5倍オーパー

というわけで、四の五の言わずにただひたすら目の前の台に向き合って打つのみ。打ち出してみると回りはまあまあ。余録を入れたら「日当」は出るくらいだと思う(ちなみにこの日当というのは冬月計算で時給換算2000円くらいを指します)。

ところがまた今日も出だしからしてダメ。確率ラインはあっさりと越えて何もナシ。1/89とて当たらなければマックスタイプと同じ。100回転、200回転もスルー。その時、保留が突然金色に変化して「激愛」薔薇シャッター可動。「ストーリーリーチ・誓い」に発展。確率分母の3倍ライン。

まさかね?と思っていたら、ハズレかい。そうかい。そしてついに300回転も突破。朝から4倍ラインか。タメイキ出るねえ。仕方ないし嘆くこともないけど。300回転を越えたところで保留が緑に変化、さっきの金色よりは弱い予告が連なって同じ「ストーリーリーチ」へ。ところがこっちは当たりですと。ちぐはぐな感じ。嫌な予感が漂う。

ところがこれが2回転で5R、9回転で16R、18回転で16Rと4連チャンしてくれて3500個の玉がさくっとできた。一挙にチャララインに到達。ここから普通に当たってくれればなんとかなりそうな予感に変わった。

しかし、2回目の当たりもまた2倍ラインまで連れていかれてしまう。しかも単発。これで出玉は風前の灯火。まあ、それでも悪い展開はママあること。めげずに進め!と思いきや、どっこい事態はもっと深刻だった。ついこの間、爆はまりを食らった記憶が蘇る。

200回転、300回転。もちろん追加投資の旅である。そしてついに400回転も突破。4倍ラインを軽くオーバー。途中で群が出たり薔薇シャッター可動があったり、金保留が出たりしたが、あっけにとられるほどあっさりとハズレ。

400回転を超えたところで、チャンス目から「革命リーチ」に。出ない割にはよくはずれる派手なアクションだ。しかし大砲の色が珍しく赤。これでないと当たらないので、期待して見守ってると……「ハズレ」。ほう、そうきたかい。分かったよ。

そして500回転の手前でまたチャンス目から「革命リーチ」。今度の大砲は黒いノーマル。さっきのが当たりじゃないのだから、当たるわけもあるまい。しらけた気持ちで画面を見ていると今度は当たりですとさ。頭上のメーターを見ると499回転。確率の5.5倍だ。マックスタイプだと2200回転に相当する。まあ、12〜13万円は溶ける感じだ。


■どうもならん

それで、これが4連チャン。盛り返しの兆しかと思いきや、単発のラッシュ。そして2倍オーバーと3倍オーバーがまたやってくる。何度玉貸しボタンを押すのかいな。1/89はほんとかいな? 心の中でぶつくさ言っても始まらん。

夕方にとどめの4倍はまりで単発を食らったところで疲れ果てた。もう少し、回りがあれば結果はともあれ追うのだが、夕方から回りも低下しがち。しかも精緻なコントロールの合わせ打ちが必要とされるわけだけど、どうも自分に負けていて、それも投げやりになってきた。そして帰ってやらねばの懸案事項がたくさんある。

それを言い訳にして、精神的な弱さが出たカッコウ。はいはい、もういいです。後ろにいる帽子くんはコツコツ頑張っている。「おさきっ! ガンバレ」と挨拶してから店を出る。帰ってやるべきことを頑張ろう。

それも大事なことさ。にしても連日の大敗で財布がやばいなり。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る