> > 『CRリング 呪いの7日間FPW』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 軒先のツバメさんについにヒナが産まれた。このところ落ちるフンの量が凄いなあと思って片付けをしていたら、巣から微かな鳴き声が聞こえた。じっと耳を澄ましていると、すぐに親ツバメが何かをくわえて戻ってきた。巣は上の方にあるので見えないのだが、可愛いヒナがいるに違いない。

話題の号泣ならぬ(笑)「ちゅんちゅん」という鳴き声は本当に可愛い。場所的にネズミやヘビには襲われる危険は少ないと思うが、カラスが心配。カラスは巣を襲ったりするのかな!? いずれにしても、すくすくと育って欲しいものだ。毎日の小さな楽しみが増えたね。

さて、今週の打てる日は今日で最後。明日からはバンドの練習を筆頭に、図書館に行ったりなんだかんだで時間がとれない。今日も実はやることが詰まっているので本当はパチンコ屋にいる余裕はないのだが、そんなことを言ってたら打つ時間がなくなる。

連敗にストップをかけなければいかん。そんな気持ちでI店(等価)に出かけた。店に着くと常連さんが数人。日に日に少なくなるような気もするが、今日は10人ほどの先客。とはいえ、ほとんどが1パチ狙いであり、そういうことを考えると店の規模的には「大丈夫か?」の気持ちをぬぐえない。

パチンコ税だの、カジノ法案だの、消費税率アップだのこれからもこの業界には冷たい風が吹くに違いない。今でさえ厳しいのにこれからどうなってしまうのだろうか。そう言えば、パチンコ雑誌の対談でご一緒した安田一彦さん。雑誌のコラム「つぶれてたまるか」の中で、原発再稼働などの社会情勢を厳しく批判していたのを拝見した。

「つぶれてたまるか」というタイトルにも今はとくに大きな意味を感じるし、きつい中で頑張っていながら、それだけでなく社会に目を向ける姿勢にも励まされたりもした。このコラムも少しでもそうなっていればいいのだが……。

さて、時間になり店内に入ると、相も変わらず冴えない様子。とはいえ、多少なりとも釘が動くのがこの店の特徴でありいいところ。ざっと見ていくと寄りやら、ステージやらがよくない台のいくつかがへソだけアケになっている。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る