> > 『CRAトキオデラックス』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
text by タッキー
 
筐体画像 このコラムが公開されるのは週末の金曜日。奇しくもこの日はTさんが長年勤めた会社を去る日でもある。Tさんとは、元編集長のTさんである。Kさんとも言う。また一部では髭のオジサンとも呼ばれ親しまれている。前回のコラムはそのTさんの送別会の日と重なり、今回は退職する日ということで、何か特別なものを感じてならない。先だっての送別会では、オレがいつ泣くのかと出席者には期待されたが、遂に涙を流すことはなかった。そうそう男が人前で涙なんか見せてたまるものか(笑)。こっそり言うと、元来は超が付くほど泣き虫なオレなのだ。いつウルっとくるか自信はなかった。しかし結局、会は終始Tさんの独壇場で、とてもお涙頂戴という雰囲気ではなかった。期待していた皆様、残念でした(笑)。

この間も書いたが、Tさんがいなければ今のオレはいない。いや、そもそもこのサイトさえなかったということだろうか。まさかこんな日が訪れてしまうとはねえ。コラムを書き始めた当初は、Tさん、それにNさんとの3人でのメールでのやり取りだった。何度も何度も書き直しながら、パチプロ実戦を書いていた日々。夜も満足に眠れなかったあの頃。ホントに昨日のことのようだ。あれからパチンコ業界も世の中も随分と変わってしまった。

どこかの誰かさんが言ってたっけ、「パチプロなんてもはや都市伝説なんじゃないか」って。きっといつかはそんな時代もやってくるのだろう。そう遠くないことなのかもしれない。頑張ったところで個人ではどうにもならない部分もあるが、そんな日がやって来ないことを願いつつ、これからもパチというものに向かい合っていきたい。Tさん、長い間お疲れ様でした。心から感謝しています。な〜んて言ったところで、どうせ新宿界隈で飲んでいると、「おごれ、おごれ」って、しょっちゅう顔を見ることになるんだろうから、ちっとも寂しくないのであった……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る