コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR花の慶次〜漢』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 『CR花の慶次〜漢』
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
羽根物
5000円
慶次
500円6キセルおまつ
7通常
1000円100琉球モード
16大ふへんボーナス
37突確
15大ふへんボーナス激熱
1国士無双キセル
7国士無双
13通常
35琉球モード
39大ふへんボーナスオープニング奥村助右衛門
6国士無双
8突確
20突確
12国士無双
1突確
17突確
7国士無双
1通常
35琉球モード
109もののふチャンス・蝶柄カットイン真田幸村
2天下無双伊達正宗
8突確
12国士無双
6通常
27琉球モード
76琉球モード
2蝶柄セリフカルロス
25通常
39琉球モード
19大ふへんボーナス利沙
110国士無双伊達正宗
9突確
2天下無双
3大ふへんボーナス
16国士無双直江兼続
1大ふへんボーナスキセル
13通常
26琉球モード
64疑似連三回・キセル利家水風呂
9大ふへんボーナス
1突確
2大ふへんボーナス
1大ふへんボーナス
20通常
44キセル賽の河原和讃
1大ふへんボーナス
3突確
15国士無双直江兼続
3通常
279大ふへんボーナス真田幸村
6国士無双
3突確
1通常
73おまつ
12通常
156一撃チャンス
24国士無双真田幸村
7通常
38琉球モード
61蝶柄セリフ・蝶柄扇子・オープニング奥村助右衛門
26大ふへんボーナス真田幸村
30突確
50大ふへんボーナス
13通常
126一撃チャンス
29突確
3天下無双金セリフ・レインボーオーラ
3大ふへんボーナス
40通常
85緑保留・蝶柄セリフ・プッシュマン小太郎
12通常
50琉球モード
5カルロス
2通常
114大ふへんボーナスキセル・蝶柄カットイン直江兼続
35大ふへんボーナス
8天下無双
20通常
33終了
総投資額 6500円
総回転数 2395回
大当たり回数 78回
確変回数 16回
総出玉数 12648個
換金額 50500円
収支 44000円

あ〜、眠い!

まず向かった先は羽根物のお店。開けを期待して行ったものの残念でしたというやつ。今日は遠出もしたくないし、何軒も足を運ぶのが億劫だ。それでも、この間店を回った時に打てそうな台をいくつか見つけたのを思い出し、向かってみた。その間もいろいろ店をめぐり、気になる台にも遭遇し数千円をばら撒きながら目的の店に辿り着いた。結局、なんだかんだといいながら遠くまで来てしまった。

釘を見るなり、おやっと思った。なんとこの間よりもヘソが大きい。逆のパターンは嫌というほど見てきたが、こんなのは珍しい経験だ。座った台は『CR花の慶次〜漢』のライトスタイルだ。はやる気持ちを抑え、打ち出すとわずか500円で「キセル」演出が飛び出し、ストーリー「おまつ」のリーチで当たった。これはラッキーと思った矢先の7回転目、早々と敗北してしまった。

あっさりと飲まれて、追加投資。ちょうど100回転目、「琉球モード」突入となって右打ち開始。電サポは付かないので、直ぐに左打ちに戻すと、16回転目、「カルロス」リーチが外れた後に「大ふへん者」となり当たった。潜っていたということだろう。ところが37回転目、連チャンもなくまた一発で敗北。時短に入ると、やはり潜っていたのだろうか、15回転目に「激熱」と出て当たった。ようやく連チャンの始まり。ラウンド中に「キセル予告」発動で保留内の連チャン確定。これが16Rの当たりとなった。

7回転目には初めてバトルらしい演出で「国士無双」の大当たり。このままいくかと思われたが、さすがにマックスタイプほどの継続率じゃないからそうは続かない。最初の「琉球モード」から数えると、5回ばかり当たりが続いたことになる。回りもきっと問題ないに違いない。終わってすぐの39回転目には「オープニング演出」が発生。これはまずまず熱い演出だった気がするが、どうだろうか。「奥村助右衛門」リーチで当たった。よく打った初代の『花の慶次』とは随分と演出も変わってしまったが、それでも懐かしくてしかたない。

勝ったり負けたりの繰り返しで当たりの回数だけは上がっていくが、わずか3連チャンで終了。しかし今日は当たりだけは異常なほど軽い。35回転目には「琉球モード」で4Rの大当たり。ん〜、これは通常だったのか。いいところまで行ったが、いつもの画面に戻ってしまった。それでも109回転目には、もののふチャンスから、「真田幸村」のリーチながらも後半に「蝶柄」がカットインし当たった。相変わらず連チャンのほうが弱い。わずかに2回。


当たりは軽いんだけどねえ……

しかしこう当たりが早いと、回りなんてどうでもいいんじゃないかと思ってしまうほど。27、76、39、26、64と、まあ軽い軽い。ついでに言うと連チャンもまた超が付くほど軽いのだ。今日初めて200回転の壁を突破。やっぱり回りは十分なもの。20後半、いやそんなにはないか。279回転目、特に強い演出もなく「真田幸村」のリーチがものになる。そしてお決まりのような2連チャン。

そしてまた早い当たりが復活した。73回転目、「おまつ」のリーチで当たった。そろそろ大きな連チャンがあってもおかしくなかったが、12回転目に早々と敗北し、潜りもないまま時短が終わる。156回転目には「一撃チャンス」から当たった。2連チャンながら16Rを引いたことで、ちょっぴり持ち玉も増えた。ホントに今日は少しずつ増えていくような塩梅だ。まだまだ復活は遠いということなのか。

結局、この後も当たりだけは軽かったが、まとまった連チャンはないまま帰りの時間を迎えてしまった。今日は我ながらよく踏ん張ったと思う。普段、店回りをしてもよほどのことがない限り、あっちに行ったりこっちに行ったりすることはないのだが、これも危機感の表れなのだろうか。さあ、今日はもうお家に帰ろう。気づけばけっこう遠くまで来てしまった。明日は地元のお祭りがあり、朝からその手伝いで早起きせねばならないのだ。高速に飛び乗り家路に就いた……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る