コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRスーパー海物語 IN 沖縄3』  
 

実戦データ
店舗名 関東B店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 『CRスーパー海物語 IN 沖縄3』
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
205004342Rマリンハズレ
74黒潮
16500512ヤメ
総投資額 37000円
総回転数 953回
大当たり回数 2回
確変回数 1回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -37000円

海で

よって、本日はその醍醐味を味わえず。I店に向かう。I店は本日、あいにくの新装開店となっており、人もそれなりに多い。空き台を見ていくも、サッパリ!の様相。長居は無用とばかりに、さっさと退店する。これはこれでかっこいい?ことなのだ。

そして、久しぶりにB店を覗いてみる。この店は1ヶ月以上、釘を見ていないから浦島太郎みたいなもの。まあ、いいや、とばかりにかたっぱしから空き台を見ていく。それにしてもB店はほとんどのシマが完全にバラエティ化したので、流していくと何処に何があったかさえ分からなくなる。

困ったものだが、「郷にいれば郷に従え」ということわざの通りにするしかあるまい。2周ほどしてから、「打ってみようか」と腰を下ろしたのが、バラエティの中でも3台並んでいる『海物語沖縄ミドル』。

縦の比較(前日までの釘と比較すること 故・田山幸憲プロの造語)はできないので、横の比較をしたまで。角番の台だけ、風車上の振り分けの釘がわずかにプラスにされている。ステージや寄りが悪く隣の2台よりも回転率が低いために、振り分け釘をよくしたのか? はたまたサービスなのか? 通っていない店だとそれが分からないのが玉に瑕だが、世の中そんなに甘くないので、おそらく前者であろうことよ。

ともあれ、釘のカタチが違うというのは打つだけの理由にはなる。どんなものかと打ちだそうとして、会員カードを差し込もうと思ったが手元に見当たらない。どうやら家に置いてきてしまったようだ。まあ、いいや。等価だから問題はあるまい。そのまま福沢さんをサンドに。

打ち出していくと確かに見た目どおり、振り分けはいい。風車から左にこぼれる玉は少ない。しかし、ステージに乗った玉がユラユラする間もなくすぐに落下してしまう。これは予想の悪い方が当たった感じ。しかし、ステージ中央から外れて落下する玉が2個ばかりへソに入ったのを見ているとそれほど悪くはないのかもしれない。

とは言え、ステージでゆらゆら周回して中央に行くのが海物語のステージなのであって、これがダメで回る台というのにはいまだ会ったことはない。ともあれ、しばらく様子を見ていく。5000円で100回転ちょうどというライン。今だとこれで目一杯ではなかろうか。

やはり振り分けのよさが効いているように思われる。しかし、当たる気配はなし。1/360は簡単じゃないよね。1万円を入れると203回転。まあ打てるんじゃないか。しかも、ステージからユラユラして中央に行く玉も何発か増えている。次の5000円では121回転までアップ。こうなると徹底勝負か。

2万円目の5000円で112回転。やはり打てそうだ。ちょうど2万円を入れたところで、泡からマリンちゃんのスーパーへ。どうせ冷やかしだろうと思っていたら、当たり図柄を過ぎても、スクロールが止まらず。2R確変となった。

65%の確変。これは運がよければ5発や6発くらいくる可能性があるスペック。期待を込めて確変消化に入ると、なんとまあ、保留玉を消化した直後に泡からあっさりとサメが揃ってしまった。楽しくないことこの上なし。

時短でも何も起きず。それにしても玉持ちが厳しい。50個くらい減らしてしまった。出玉は1500個を切るってことか。回りがあってもこれだと厳しいなあ。しかし、電チューサポート中の玉の増減もいろいろな要素でばらつくこともあるから、もう1回の初当たりまでは様子をみよう。


戦争はいかんよ

しかし、当たりは来ない。派手な「スペシャル魚群タイム」がこうなるとうざい。この時に魚群がスイスイ出るような展開だと嬉しいのだけどな。そんなうまくはいかないものである。パチンコという遊技は。

時間が経つにつれて困ったことがある。実はしかるべきところに行かないと、資金がないのである。大阪往復の電車賃だけで福沢さんが3人と半分は飛んでいる。その他もろもろありで、補填をすっかり忘れていた。甘デジを打つことが多いので油断もあった。今日の相手は一筋縄ではいかないミドルだった。

結局、3万7000円で手元の財布はほぼ空になり、しかるべきところのカードも手元にはなく「なめんじゃねえぞ!」と海に言われてすごすごと退散する羽目に。ああ、情けなや。休憩札を出しておうちにカード取りに戻って打つほどの代物でもなし。

機会があったら、またいつか。リベンジできる日もくるだろう。帰りの車でFMから流れてきたニュース。パチの負けで落ちた気分が奈落まで叩き落とされる。ガザでは病院や学校施設まで攻撃されているとのこと。戦争はいかん。いかなる大義名分があっても、そこに本当の意味での「正義」はなかろう。タメイキをつきながら帰る夏の日。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る