コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR牙狼魔戒閃騎鋼』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR牙狼魔戒閃騎鋼
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 4259回
大当たり回数 24回
確変回数 4回
総出玉数 25884個
換金額
収支

まさかの……

今日は久しぶりに近場で打つこととなった。この時期、そんな遠出をしなくても贅沢を言わなければ打てるはず。向かった先は、大人の事情で内緒ということにさせてもらおう(笑)。今週は新台の『牙狼』でお店は盛り上がっているにもかかわらず、打ったのはそう古いという印象はあまり受けないが、何代か前の『CR牙狼魔戒閃騎鋼』だ。最近の中ではけっこう好きな部類だ。きっと相性がいいというのも理由なのかもしれないが、ゲーム性も悪くはない。見た目のヘソがかなり大き目だったので、思わず座ってしまったが、この台見た目以上に回らないのだ。1000円25回あるのかなあ、と思いながら打ち始めた。

ここのところ、相変わらず負けっぱなしというかまともな台に座れていないので、とにかく終日ちゃんと打っていたい。贅沢を言えば、安い銭で食い付いて欲しい(当たり前か)。さっそく打ち始めると、普段ガチャガチャとうるさい台が妙に静かなのだ。耳を台に近付けると一応は音が出ている様子。普段、ボリュームの大き過ぎる台は従業員にお願いして下げて貰っているので、さすがに大きくしてもらうのは気が引けるなと思い、そのまま打ち始めた。それにしても小さ過ぎて大事な演出を見逃しそうだ。

打ち始めてすぐに違和感。絵本の予告で、よく見るとその色が青でも赤でもなく「サンセイ柄」になってるじゃないか。マジか!? 疑似連もなくそのままSPリーチへと発展。肝心な役物も作動せず。大丈夫か? それでも激アツの「邪眼竜を撃破せよ」となり当たったのだった。22回転目、使った金額はわずかに1000円なり。しかしこれは13Rの通常だった。あ〜、残念。時短でも何も起こらずため息がひとつ。

ところが終わってすぐのことだった。125回転目、くるくると回る魔戒剣が赤いバトルで停止した。今度は役物もしっかり作動し、かかったリーチは「三千体撃破」だ。これもけっこう熱い部類なんじゃないだろうか。好きな台だといいながら、あまりよく分かってないのだ(笑)。そして大当たりとなった。今度は楽々「魔戒チャンス」に突入。Vゾーンに入賞する時だけは音もまずまず聞こえる。確変に入ると、30回転目、緑の保留ながらテンパイし、魔戒剣も赤いバトルの文字に染まり当たった。まずは一安心。

85回転目にはこれまた緑の保留から「VSギギ」となりこれもモノになる。次もまたぴったり同じく85回転目に大当たり。さすがに100回近くになるとドキドキしてくる。5連チャン目は89回転目だった。6回目は「吸い込み」予告からなんと「7」図柄がテンパイ。もちろん大当たり。7回目は赤い保留からバトルとなったものの、外れてしまった。結局、6回の当たりをいただいたことになる。まあこれで一安心といったところ。

170回転目、早くもまたチャンス到来。保留が、砂時計みたいな「魔導刻」に変わった。しかも赤だ。疑似連も3回続き、次回予告も出た。肝心な役物は作動しなかったが、強めのリーチだったので大丈夫だろうと思っていたらあっさり外れてしまった。この後も激アツと呼べるほどではないが、そこそこチャンスはありながらも当たりには至らず。

結局、541回転目は、145回転を差っ引けばほぼ確率通りということか。保留がそのちょっと前から煙草に変わっていたが、その煙草が束になり「デンジャー」と書いてあった。初めて見たので、これが熱いのかどうか。さらに「激アツ」と出たので、やっぱり大チャンスということ。今度はしっかり疑似連も役物も作動し「邪眼竜」リーチで当たった。これが一気に8連チャンまで駆け抜けたのだった。当然のように本日の勝利は確定ということになる。


ハマリに捕まったものの……

久しぶりに大漁の雰囲気漂う中、この半月ばかりの日々を思う。こんな風に、打つべき台があり、玉が出ることがパチプロにとっては当たり前のことのようだが、このかけがえのない日常を今日だけは深く胸に刻んだ。ちょっと大袈裟かしら(笑)。このまま一気に行きたいところだったが、突然のハマリに遭遇。結局、回りも見た目ほどではなく、やはり1000円25回あるかなしといったところなので、このハマリはやばいぞ。

何事もなく、800、900と過ぎた。1003回転目、久しぶりに疑似連が続いた。ボタンを押せば「ブブブッ」と震えた。赤いエフェクトも発生し、役物も落下。かかったリーチは「クルス」だ。ちょっと弱いのか。思わず顔を背けた。外れということ。1200、1300と超えた。当たりはいつやってくるのだろうか。

当たりはいつだって突然やってくるのだ。1320回転目、一瞬目を疑ったが、トイレから帰ってきて座った一発目の保留が「逆エンブレム」になったようなそうでもないような。常に一挙手一投足に注目しているわけじゃないし、実際ぼうっと打ってる時の方が圧倒的に多いから肝心なものをよく見逃す。どうやら大正解のようだ。「超激アツ」と出たじゃないか。これが全回転リーチへと発展。長いハマリの時間から抜けた瞬間だった。

「魔戒チャンス」となったのはいいが、肝心なリーチがなかなかやってこない。さすがに100回を超えると諦めの境地。112回転目、「魔戒剣」がその前から回転していたので、ひょっとするとテンパるかなあなんて思っていたところに「レインボー」のそれに変わった。この引きの強さを! 思わず心の中で「キター!」と叫んだのは言うまでもない。これが3連チャン、4連チャンと順調に進み、5回目の142回転目には「ホラー熊」出現にまたびっくり。なんだかんだと今度もまた8連チャン達成。持ち玉も30000個は超えたんじゃないだろうか。

最後にもう1発当たったが、これは連チャンもなくスルーしてしまった。これが連チャンすれば即ヤメという場面だったが、結局最終的には500回ほど回して席を立ったのだった。ハマリは想定外だったが、久しぶりの快勝に帰る足どりも軽い。明日もお祭りがあるのだろうか。夜遅くまで灯りの点いた参道をゆっくりと通り過ぎ家路に着いた……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る