コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR超シャカRUSH GLI』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CR超シャカRUSH GLI
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
牙狼
2500円
シャカRUSH
8500円1813赤保留・疑似連三回・シャカンナー注入
45喝アタック
843赤保留・空パト大調査
286無茶修業
1939空パト・疑似連三回・シャカンナー蚊パッチン
95赤保留大調査
128鼻息FIRE四回第3話 再会
48煩悩ランプ大調査
1569疑似連三回・群・シャカンナー熱湯風呂
277赤保留昇天チャンス
11喝アタック
10喝アタック
942無茶修業
128大調査
71喝アタック
339鼻息FIRE三回大調査
2645ターボ疑似仏恥ギリ
29喝アタック
196大調査
473終了
総投資額 11000円
総回転数 1755回
大当たり回数 19回
確変回数 4回
総出玉数 11750個
換金額 47000円
収支 36000円

保ゼロの衝撃!

さて、お盆休みも間近に迫り、いつまで打てるかなあといった状況ではあるが、本日は珍しく近場で打てそうな日でもある。もうこの辺りは等価交換の店ばかりなので、釘を見るたびに気持ち悪くなるが、日によっては打てなくもない店がひとつふたつとある。本日はそんな日なのだ。先日導入された『牙狼』のおかげで、どこのパチ屋も少し賑わいを見せている。近隣の店で朝の並びが数十人もいるなんて久しぶりに見た。最近はどこかのスーパーの特売日で行列を目にする以外、この辺りじゃ見慣れない風景だ。

最後尾で店に入る。ひとまず混雑している新台はパスし、ハネデジやミドルのコーナーから釘を見ていく。普段の釘がよくわからないが、いかにも開けたっぽい台が数台あるにはある。中でも気になったのが『仮面ライダーV3』と『超シャカRUSH』だ。迷っている最中に知り合いと遭遇。開口一番、『牙狼』がけっこう開いてますよと。人でごった返していたものの、まだ3分の1ぐらいは空き台がある。その空いてる台の釘を見ていくと、なるほどメリハリもあって打てそうな台もある。せっかくなので、まずはこっちから勝負させて貰おう。

実は『CR牙狼金色になれ』は今日が初打ちなのだ。今まで他の店でもたびたび見てきたが、どれも平行に毛が生えた程度のヘソだった。今日はちゃんとハの字に広がっている。さっそく打ち始めると、最初の1000円では23回とまずまず。しかし次の500円では3つしかヘソに入らず、さすがは等価だなあと思っているところにリーチがかかる。保ゼロだったばかりにリーチへと発展してしまったということだろうか。

これがまあ、あれよあれよと発展し、「ゴールドビッグエンブレム」まで出現。最終的には「金色牙狼SPリーチ」に発展してしまったのだから、保ゼロの衝撃とはまさにこのこと。もちろん、当たりっこないから違う意味で安心して見ていられるのだ(笑)。とはいえ、1%ぐらいの希望はなくもないが。従業員も遠巻きでじっと見ているのが分かる。そして当然のように外れた。結局、2台に2500円ばかり使い、開いているとはいえちっとも回りが足らないと判断。ちょっと見切りが早いかなあと思ったが、多分4000円、5000円と打ったところで変わらないと思う。

結局、それっぽい連中もあっちこっち動いてるところを見ると、そういうことなんだろう。まあそんな訳で本命というほどでもないが、座ったのが『CR超シャカRUSH』だった。マックスではなく、これまでも何度か打ったことのあるミドルタイプだ。好きな台のひとつでもあるし、とにかく相性もいい台だ。さっそく打ち始めると、24、18、22、21と、なんとなくやれそうな予感。ん〜、しかし5000円で104回はぎりぎりか。それでも好きなものだから(笑)、もう少し様子を見ようとさらに金を入れる。

8500円を投じたところで、保留が緑に変化。これがさらに赤に変わったのだった。疑似連が3回続き、「チビシャカ」も赤く光ってせわしなくガチャガチャと動く。これが「注入リーチ」へと発展し、当たったのだ。181回転目、まずまずのところだろうか。使ったお金は『牙狼』とこっちで11000円ということ。RUSHに入ると、まずは45回転目「喝アタック」から小当たりではなく正真正銘の当たりをゲット。これは助かった。ラウンドも10Rだった。

次はじりじりとした後半84回転目。保留が赤く変わりその瞬間、盤面下にある「パトライト」が光ることもなくクルリと回った。人知れずホッとした瞬間。これが「大調査リーチ」へと発展し、16Rの当たりをゲット。4回目は「無茶修業リーチ」からこれまた16Rが当たった。5回目は残念ながらなかった。しかしこの一撃で早くもプラスに転じたのだった。やっぱり何度打っても面白い台なのだ。


さて、どこまでやれるかな……

次の当たりも早かった。193回転目、突然「パトライト」がまた音も光もなく回った。こうやって安心して見ていられるのは実にいい。「蚊パッチンリーチ」がモノになった。RUSHに入ると、先ほどとは違い早い当たりが続く。9、12、4回転と早過ぎるぐらいに序盤で連チャンした。さっきと同じ4連チャンだった。当たりは軽いが、回りの方は安定して、1000円20回前後をうろうろ。これが結構辛いのだ。アタッカーも思ったほど玉が取れないし、どこまで我慢できるだろうか。あんまり自信はないが行けるところまで行ってみようと思う。

相変わらず当たりが早いのが何より。156回転目、疑似連が3回続き、「ぶった斬りリーチ」からさらに「熱湯風呂」へと発展した。これも簡単にモノになってしまった。そして連チャン。まずは27回転目、保留が赤く染まり「昇天チャンス」から「777」はもちろん16Rだ。11、10と、「喝アタック」から2Rと5Rの当たり。後半94回転目には「無茶修業」がモノになりホッとため息が出た。結局これが8連チャンまで伸びたのだ。持ち玉も14000個を超えた。

264回転目には派手なアクション発生。「ターボ疑似予告」から、何度も何度も疑似連が続く格好となった。いやあ、これを外したらけっこう恥ずかしいぞって思うくらい、騒がしく熱そうな演出だった。「仏恥ギリリーチ」が当たり、それこそホッとする。これがなんとか3連チャンまで続いたが、このあとが駄目だった。早い当たりもいよいよ遠のき、回りだって喜べるものでもなく夕方にはギブアップしてしまったのだ。ここまでやれば十分なのか、それとも全つっぱすべきだったのか、どうなの?と多少の後ろ髪を引かれながら店をあとにした。そうはいっても今日の勝ちはデカイのだ。家に帰ってカースケ先生から貰った日本酒で乾杯!


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る