コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRスーパー海物語 IN 沖縄3』  
 

実戦データ
店舗名 関東O店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRスーパー海物語 IN 沖縄3
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5000962Rマリン
474サンゴ
804→5魚群サンゴ
1257魚群マリン
237ノーマル
568黒潮
115ヤメ
総投資額 5000円
総回転数 542回
大当たり回数 6回
確変回数 5回
総出玉数 7254個
換金額 29016円
収支 24016円

丁寧に

そろそろ出かける時間。アテはあるようなそうでもないような。夕べ少しだけ打った『沖縄海』のミドルを朝から打ってみようと思う。ヘソは小さいが、ステージからの決まりがとてもよかったというのがその理由。『海』シリーズはなんと言っても、このステージ性能がポイントになる。よほど寄り釘やヘソが大きくない限り、通常ルートからの入賞だけでは限界がある。これは昔からちっとも変わらない特徴。

ただ時間効率はシリーズが出るたびにだんだん悪くなっているのではなかろうか。40玉交換の時代は1時間あたり300回転くらいはしていたが、それも今は昔。交換率のアップと予告やリーチ発生率などから考えるとかなり時間効率はダウンしているだろう。これもまた時代なり。

O店(等価)に着くと先客は数人。I店と違い最近はもう見知った顔はほとんどいない。ギリギリに行ったせいもあってすぐに開店となった。夕べ少し触ったくだんの台。その時とへソのサイズや寄りは変わっていないと思う。丁寧に丁寧に合わせ打ち(玉のステージ乗りなどに合わせて打ち出しをコントロールすること)をすればなんとかなるかもしれない。

合わせ打ちと言えば、3年前にこの店で打った『ドラゴン伝説2』を思い出す。今だから書けるが中央ステージの溝に玉が入ると100%へソに入賞する超絶にデキがいい台があった。ところが、困ったことに溝に挟まったまま玉が落ちてこないのである。そのために、タイミングを見て、(やってはいけないことだが)台を軽くコツンとやる。あらまあ、お見事にへソに玉が入る。

時間効率は落ちるが随分回転率は上げられたものだ。でも本来それはやってはいけないこと。1回(半日)だけでヤメたけどね。この海はそこまではいかないまでも丁寧に打つべし。3000円で60回転ちょうど。もう少しだなと思うけど贅沢は言えず。

今日の食いつきも悪いのかと思いきや、5000円ちょうどのところで、泡からマリンリーチへ。どうせ当たるまいと思っていたら、大当たり図柄を過ぎてもスクロールは止まらず、そのまま進んで2R確変となった。おお、ラッキー。

1/360なんてそうそう簡単に当たる確率ではない。ともあれ、最低でも1回の当たりと100回の時短は約束されたわけだ。なんとか3連チャンくらいしてくれないものか。願いつつ、電チューを狙っていく。

しかし、これがまたどうにもイカン。この店のこの『海』で当たったのはほぼ初めて。いやはやこんなに拾いが悪いとは。元々、この稼業を始めた時から冬月は止め打ちマニア(かっこよく言えば止め打ち職人)で、電チューで玉を増やすのが生きがいだった。

ところが最近は増やすどころか、減る一方。昔と比べて開放秒数やインターバルがシビアになったのがそのひとつの要因だが、それ以上に釘調整がマイナス過ぎるのである。これは高い交換率の最も大きな弊害だ。だから等価のパチンコはつまらないのだ。とは言え、40玉交換でも今は減る店も多いらしいから、厳しい世の中なり。

これじゃあ苦しいなあと思いつつ進めていくと、泡からのサンゴでサメがテンパイ。外れろ!と思っていたら、そういう時は当たるというのがこれまた鉄則で、あっさりとサメが3匹。がっかりの瞬間。ところが時短に入ると、玉を減らした80回転目に、本日初の魚群が発生。


やはり厳しい

さっきと同じようにサメとサンゴのリーチ。今度は「当たれ」と念じるとハズレ!(笑)と思った瞬間に戻って大当たり。これが昇格して確変に。潜伏ってあるんだっけか? 最近打たないのでよくわからないが、内部確変だったら、ラウンドの最後に昇格すると思うので、やはり自力連チャンか。素晴らしい。

ところが確変消化に手間をとって上皿の玉を大きく減らす。こりゃアカンなあ。それでも魚群からジュゴン。ジュゴンと言えば辺野古の米軍基地建設がニュースになっていたことをふと思い出す。自然は命同様にかけがえのないものだから、どうか大切にしてほしい……そんなことを思いつつラウンドを消化。そもそも『海』シリーズの図柄でこのジュゴンほど可愛いものはいないと個人的にはいつも思っている。

4回目も魚群からまたジュゴン。確変中のノーマルリーチはマジでアツい。当たりだけはいい感じですこと。5回目は泡からエンゼルフィッシュがあっという間に揃って確変は終了。出玉ありで5連チャンは上出来も上出来だ。

連チャンはありがたいことだが、玉減りが半端じゃない。嬉しくもありがっかりもあり。100回時短で玉を大きく減らしたところで席を立った。これでは1000円22個くらい回らないと割に合わん。どう丁寧に打っても21に届くか届かないか。ダメですわ。

まだ早いけど、他に遊びたい子もいない。下手にズルズル遊んでいると、勝った分なんかあっという間に回収されるのが等価のパチンコ。さっさと帰ることにしよう。結果だけでオーライ。中身のないパチンコだが、これまた現実なり。

玉減り反対!
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る