> > 『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAベルサイユのばら 薔薇の運命 ST』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 一連の行事やイベントが一段落した。結果として自分の身の丈以上なことをしていたと思う。まあ、精神的にも肉体的にもそれから経済的にも大変だった。だけど、自分で始めたこと、蒔いたものは刈り取りまでしなきゃね。ということで頑張ったわけだ。

そんな中だけど、タッキーも買い替えたというテレビをついに我が家でも。今までの映画とかを写してみたら、あまりに画質が違うのにびっくり。技術の進歩はすごいなあ。それで、ネットやYouTubeもまんま操作できるようになっていた。手元のスマホから検索や操作もできるようになっており、あらまあびっくり。しかも消費電力は1/5以下だ。

便利になっていく一方、失うものも多いのかなと考える日々ではあるけれど……。ほかにもいろいろと考えることや、やるべきことは多く、のんびりと玉を弾く日々はなかなか確保できそうにもない。当初の予定の人生とはずいぶん変わってしまったのだ。まあ、人生は予定調和では進まないってそういうことだろう。

週末の金曜はカレンダー的にも苦しそうだけど、一連のことが片付いたので朝から出かけた。10分前に着くと並びは10人程度。それでも開店時刻には30人くらいのお客さんが来た。ほとんどが1パチだけど、まだまだ元気なお客さんもいるということで一安心。

客が多い混雑店はどうも好きじゃなくて、勢い空いている店、空いている店とネグラを移すことが多かった冬月だが、空いているにはそれなりの理由があるわけで。ガラガラだと釘の開け閉めも減ってしまうので、その辺はまず「ワガママ」な男なのである。

さて、今日はどんな感じかとおもいきや予想通り厳しそう。いつものように甘デジのシマから見ていくと、それでも1台2台は打てそうなくらいの釘の子がいた。正確には前日から釘が動いていたという程度だが。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る