> > 『ぱちんこ CRバジリスク 299 type』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ CRバジリスク 299 type』  
text by タッキー
 
筐体画像 季節は完全に移ろい、もはや紛れもなく秋となった今日この頃。朝晩はもう半袖では寒いくらいだ。何日か前から鼻がむずむずとして、早くも風邪をひいたかと思っていたらどうも違うみたい。そんなには酷い症状じゃないが、花粉症らしいのだ。春先はもうずっと若い頃から花粉症に悩まされてきたが、まさかこの時期にもあるとはねえ。ブタクサという種類の花粉らしいのだが、いつまで続くのやら。

草といえば、我が家の水草の水槽は立ち上げから早4ヶ月ばかり経過したが、今のところ順調そのもの。夏場の水温上昇も大したことなく乗り越えたといえよう。もっとも危険な時期が過ぎたというわけ。毎日、帰ってきては水槽の前に座り、お気に入りの時代小説を読みながら一杯やるのが日課。いや、酒はたまにしか飲まないから日課じゃなく、至福の時といえばいいのだろうか。

ちっぽけな水槽といえども、大自然となんら変わらないと言ってしまうと言い過ぎだが、それに近い環境を整えてやらなければ、魚も水草も生きてゆくことはできないのだ。これから少しずつ寒くなってゆくが、夏場のメンテナンスを思えば、ぐんと楽になる。ただ、欲をいえばもう少し大きな水槽が欲しくなったということだろうか。以前、部屋の床が抜けてしまうんじゃないだろうかと思うほど、でっかい水槽があったから、それに比べると物足りなくてね。デカい水槽のほうが急激な水質の変化がないぶん管理も楽だし。

若い頃は多趣味で飽きっぽい性格だったが、どうしたものか近頃はじっくりとひとつのモノに集中できるようになった気がする。気のせいだろうか。まあいい、秋の夜長、存分に楽しんでみようと思う。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る