コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ CRバジリスク 299 type』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 ぱちんこ CRバジリスク 299 type
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 3016回
大当たり回数 38回
確変回数 7回
総出玉数 41915個
換金額
収支

今日は頑張る……

さて、肝心のパチの方だが、冒頭の話とは裏腹に、近年は体力的なせいだろうか長い時間打つのが苦痛にさえなってきた。夜の8時にもなると帰りたくなってしまうのだ。まあそうは言いながらも、10時頃まで打っているにはいるのだが。さあ今日も行こう! まずは1軒目。けっこう強いアテだったが不発に終わり、1発も弾くことなく退散。渋滞を回避しつつも地元に戻ってきたのがお昼ちょっと前。安くても(期待値が)、座れる台があれば今はそれで十分。しかし2軒目の店も、前日はデジハネが全般的に打てたというのに、一夜明けたら総締めとは恐れ入った。『リング』の甘が前日のままならば打てるなと思って、急いで舞い戻ってきたというのに。やっぱりいつの時代も釘は水物ってことだろうか。

そんな中、前日かその前あたりに開いた『ぱちんこ CRバジリスク299 type』が、今日もそのままの形。どうしようか迷った末に打つことに決めた。間違いなく回りはあると思うんだが、どこまで耐えられるかが大きな問題。いやあ、とにかくこの台、長いことパチンコと向き合っているが、多分これまでも、そしてこれからも史上最強の演出だと思う。よいか悪いかは別として、オレは苦手な台。この間、20000円ばかりペロっと取られた時にはもう二度と釘も見るもんかと思ったくらい。

でも今回は頑張ろうと思う。打ち始めると早速、当たりもしないくせにガチャガチャと始まり、役物まで飛び出した。これがまた実際に当たらないったらありゃしない。バトルになっても、どっちが味方で敵なのかさえわからない。早くも我慢のパチが始まった。ところが、まさかこれがモノになるとは思いもよらなかった。とてもストーリーリーチには思えないが、その内のひとつで当たったのだった。使ったお金はわずかに1000円。18回転目の出来事だった。あ〜、驚いた。

「六六六」は電サポが10回しか付かなかったが、終わってすぐにまた当たり、これで100回の電サポが付いた。ここからあれよあれよという間に連チャン。16Rも4回ばかり当たり、9連チャンもしてしまったのだ。なかなかどうしていいやつじゃないか。この間は1回当たっただけでSTもスルーしてしまい、ぶん投げてしまったのだ。やっぱり打ってみなきゃわからないもんだ。まさかこんな至福の時が待っていようとは。とにかくアタッカーが最高。あまり多くは語れないが、いい。しかし電チューのタイミングがいまひとつ合わず、少し玉を減らしてしまった。ストップボタンの感度が悪いというか、玉の飛びが遅れてしまうのだ。

次もあっさり、さっきと同じストーリーで当たった。143回転目だったかな。早いのはよかったが、今度はSTも最速で終わってしまった。通常時はとにかく耐えるしかないんだが、その先のことを思えばへっちゃらだろう。333回転目、最強の「最終決戦リーチ」がかかったぞ。けっこう自信はあったのに外れてしまった。ここから一気にハマリの様相。しかしこの間とは違い、意外と発展もせず画面は大人しい状態が続く。へえ、これならば十分持ち堪えられたのに。

気が付けばデジタルが800を超えてしまった。その超えたすぐ後に保留が忍者のキャラに変わった。それと同時に、オーラが白、青、赤と変化。「扇子の舞リーチ」とやらでようやく当たったのだった。10回の電サポは途切れ、ヘソで回した57回転目、珍しく疑似連が続きストーリーリーチで当たった。これで電サポが付いたが、連チャンはこの後わずかに2回。持ち玉復活には至らず。終わってすぐの109回転目、当たるには当たったが、4R分の出玉が2回で終了。


いろいろと試してみた結果……

しかしまた早いのがきた。覚悟して打ち始めただけに、こうあっさり当たると拍子抜けしてしまうほど。もちろん演出はこの間打った時と何も変わらないんだけどもね。182回転目、またストーリーリーチで当たる。そしてここからあっと驚く展開が。まずは35回転目、疑似連が3回続いたのかな。「七」図柄がテンパイし当たった。15%の12Rを引いてきた模様。ここから一気にきた。電サポが付いた20回転目、バトルを制し「八八八」。これは6Rだった。

61回転目、これまた6Rの当たり。STも終了間際の95回転目、まさかの「三三三」で復活。5、10と早い当たりが2つ続く。これは16Rだった。この後はヒリヒリすることもなくあっという間の連チャン。終わってみれば18連チャンの快挙。電サポもタイミングがつかめると、やばいんじゃないかってほど玉増えがあった。理想は、2つ玉をごっつんこさせながら飛ばしてやるやり方。しかしこれが玉の発射が上手くゆかず困難なのだ。今日のところは1個打ちでなんとかしたが、果たしてこれがベストかどうか。でもオレにはこれで十分。

いやあ正直、こんな台だったとは思いもよらず、なんだか申し訳ないことをした。長い間、やってきたが、これほどまで見誤ったことも初めて。もっとも見誤る前に、打つこともなく消えていった台なんて山ほどあるんだろうけど。次また開いた時には喜んで打とうじゃないかと思うが、きっともう開かなくなるんだろうな。

18連チャンの後は、単発が1回。せめて2、3回は続いて欲しかったのに。そろそろ終わりにしようかと思った329回転目、保留が緑のオーラに変わり、「三」図柄テンパイとなって当たった。今度は3回ばかり続き、電サポ終了と同時に今日のパチも終了。パチンコって奥が深いなあと思った1日。たまには誰か誘って一杯やるか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る