コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバー海猿』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 フィーバー海猿
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
某機種
8000円
海猿
2500円625赤保留・緊急警戒モード・バディズチャージ・問われているのはバディとの信頼関係
3500円2345金ライター・バディズチャージ激流からの脱出
22000円663突確激猿カットインレスキュータイムチャレンジ
6000円2047赤図柄・赤保留・タイマー・激猿カットイン激流からの脱出
10500円5284緑保留・フルーツ柄扉禁じられた潜水
147海猿保留ため引きミッション
5突確
1216R
1827緑保留・確定音・タイマー・激猿カットイン禁じられた潜水
467連打ミッション
27ボイラー室
232突確レスキュータイムチャレンジ
1861激猿カットイン激流からの脱出
12突確
127疑似連石油貯蔵庫
2427緑保留・警戒モード・激猿カットイン閉ざされた扉
137疑似連・タイマーため引きミッション
2767金服・金扉・バディズチャージ問われているのはバディとの信頼関係
241終了
総投資額 52500円
総回転数 3166回
大当たり回数 18回
確変回数 10回
総出玉数 10319個
換金額
収支

じゃぶじゃぶと……

そんなわけで、今朝もメジャー中継を少し観たあとに家を出た。これからユニフォーム代やら何やらで入用だというのに、10月に入ってから未だ勝ち星はなし。じわじわと負け込んでいるようなあり様。それでも打てる台があるだけまだマシということなのか。昨日もけっこうあり得ないような負け方をしてしまった。今日は如何にと思っていたら、この間打った『コードギアス』や、昨日打った台までが総締めとは驚いた。もっとも週末なのである程度は仕方のないこと。

代わりに『フィーバー海猿』が打てそうな釘だったので触ってみた。おっと、その前になんだったか、名前が思い出せない台に8000円もつっ込んでしまったのだ。少しだけ反省。2台目となる『海猿』に座ると62回転目、緑の保留ながら「緊急警戒モード」へ突入。十分アツい。途中から保留が「赤」へと昇格。さらにアツい。疑似連が2回止まりだったのは痛かったが、「バディズチャージ予告」がチャージ率「80%」まで上昇。これが小冊子には搭載されていない「問われているのはバディとの信頼関係」とかなんとかいう長い名前のリーチで当たりとなった。2500円の投資なので合計10500円ということになる。ふぅ、まずは一安心。

これはヘソの保留で残念ながら8Rの出玉ということになる。STに入った12回転目、「激アツ」と出て、「機関室」のリーチへ発展。後半、「激猿カットイン」まで出て、これがまさかの外れとは。いやあちょっとびっくり。これが当たらないんだからどうしょうもない。結局、STは当たらずスルーしてしまった。玉はあっという間に飲まれ、当然のごとく再投資。それでも3500円の追加で済んだのは幸い。8Rは仕方ないとしても、またSTスルーとはちょっといただけないぞ。

ここからはじゃぶじゃぶの様相。なにせ赤保留を2度、3度と立て続けに外してしまうのだから。結局、なんだかんだと全部で36000円も使ってしまった。「訓練リーチ」から「レスキュータイムチャレンジ」となりめでたく突確をゲット。今度こそ連チャンしてくれないと大変なことになるぞ。ってもう、大変な領域に入ってしまってるとは思うが(笑)。これがまあ案の上、がっかりするようなスルー。これにて3連単ということに。

気付けば財布の中身もすっからかんになってしまったじゃないか。3日ばかり勝てていないのが原因。しゃくだから財布に補充もしてなかった。なんだか、ぶん投げる気にもなれなくて、遅い昼飯とともに現金を調達に店を出た。戻ってくると、なんてことはないすぐに食い付いた。とはいってもすでに投資は42000円だ。今日初めて16Rの「777」が当たった瞬間だった。4度目の正直。2度あることは3度ある、とはいうけれど、4度あるとは聞いたことはない。さあ自信を持って行こうか! と鼓舞したもののこればっかりは運任せ。これがまさかの4連単。

「フルーツ柄」に「赤保留」を外した挙句に16R分の玉は飲まれてしまった。もうこうなると、期待値とかそんなものは関係ないのだ。パチプロの、いや男のちっぽけな意地というやつだろうか。さらに投資を重ねた。結局は調達してきた現金を使うハメになったということ。飲まれて10500円、都合52500円で食い付いた。緑の保留から突然「フルーツ柄」の扉が出現。これはもう圧巻のレベル。「禁じられた潜水」で当たった。


それでも諦めずに……

長い長い時を経て、ようやくその時がやってきた。14回転目、保留が「海猿」に変化。「ため引きミッション」から本日初めての連チャンをゲット。しかし5回転目には腰を折るような突確。後半ならまだしも、この段階じゃ早過ぎだ。12回転目、またしても突確かと思いきや、16Rにすり替わった。スペック的にドーンと行かないのが苦しいところ。それでももうちょっと欲しかったが、3連チャンで終わってしまった。

相変わらず、赤い保留に「激猿カットイン」はよく外すが、当たりだけは軽くなってきた。182回転目、緑の保留から「7」図柄がテンパイした。もしや、と思ったその時に「確定音」が響き渡り、大当たりの合図。ようやく形になってきた。46回転目、「連打ミッション」から「777」。さらに2回転目、「ボイラー室」でタイマーも発動し当たった。16Rが3連チャンし、持ち玉もちょうど10000個ほどになった。ん〜、等価でも足らないか。

232回転目、突確をゲットしたが痛恨のスルー。しかし当たりだけは軽い。186回転目には2連チャン。続いて242回転目、「警戒モード」は期待もしてなかったが、後半になるにつれ演出も盛り上がり当たった。一応、少ないながらもまた2連チャン。最後にでっかいのとは言わないが、それなりの当たりがあれば十分チャラぐらいにはなるんだが、とにかく最後まで諦めずに回すだけ。

そしてまた来た。276回転目、金のアイテムが絡み、「バディズチャージ予告」が発生。「50%」までなんとか上がってくれた。これが「問われているのは……」と、例の長いリーチで当たった。ひょっとするとこれが最後のチャンスかもしれない。思わず力も入る。あ〜、なんてこった。まさか1度もテンパイしないなんて。

でもまだチャンスがあった。164回転目、緑の保留から疑似連が3回まで続いた。これが「恋愛リーチ」へと発展し、そのタイトルに「フルーツ柄」が出たじゃないか。カットインもちゃんと赤いやつ。当たりを疑う余地もなく右打ちの構え(心の中で)。……でも当たらない。マジかよ。まさかこんな結末になろうとは。最後は悪あがきで、ぎりぎりの時間まで回してみたが願いも虚しくお帰りの時間となってしまった。

店の外へ飛び出せば、西の空には厚い雲がかかっていた。やっぱり明日は雨ということか。がっくり肩を落として家路に着いた……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る