コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
4000円984不思議の試練・激アツ・デンジャー柄カットインVS黒雷仙女SP
7000円4828風来人連続予告・激アツ・斬撃演出VSキュラスSP
45500円14648緑保留・カウントダウン・不思議の試練・デンジャー柄タイトルVS黒雷仙女SP
3500円2652激アツ・デンジャー柄カットインVSイカヅチカミSP
427赤エフェクト・デンジャー柄タイトルVSキュラスSP
87赤保留ラッキーパトチャンス
27ラッキーパトいきなりフォースライド
67ラッキーパトチャンス
73ラッキーパトチャンス
177緑保留いきなりフォースライド
107緑保留いきなりフォースライド
1407赤字脱出
563いきなりフォースライド
467緑保留・赤エフェクトVS黄金マムル
1127赤エフェクト・デカボタンVSキュラスSP
417VSイカヅチカミSP
2736疑似連三回・金タイトル・デンジャー柄カットインVSキュラスSP
97いきなりフォースライド
10477図柄テンパイモンスター殲滅
517赤エフェクトVS黄金マムル
303いきなりフォースライド
1313疑似連VS黒雷仙女SP
302終了
総投資額 60000円
総回転数 3696回
大当たり回数 22回
確変回数 3回
総出玉数 31919個
換金額
収支

簡単に当たったが……

朝一番の予約だったので、パチ屋の開店時間にも十分間に合った。道すがら、今日の立ち回りというやつを頭の中で整理。もっとも行く店は決まっているので、昨日の釘の形を思い出す作業。多分、今日に関しては昨日のままのはず。その昨日は中途半端な回りの台を何台も打ち散らかしてしまった。ひとつ気がかりなのは、この間も打った『CR不思議のダンジョン 風来のシレン』が思ったほど回らなかったこと。昨日の釘ならば間違いなく打てたはずなのに、とうとう本物の回りを見極めることができずに退散してしまったのだ。

昨日と変化がなければ、仕方ない今日もう1度触ってみるほかにない。いつもと変わらぬ時間に店に着き、待つこと数十分。やはりというべきか、釘は昨日のまま。半信半疑のまま『風来のシレン』に着席。改めて釘をみると、やっぱりいけそうな形。さっそく打ち始めると、まずまずいい感じでは回ってくれている。もっとも、昨日も打ち始めはあっと驚くような回りだった。しかしその後、急激な落下にぶん投げてしまったのだった。

98回転目、「不思議の試練」の予告からボスSPリーチへと発展した。「激アツ」と画面に出て、「VS黒雷仙女SP」がかかり、後半のボタンカットインではあっと驚く「デンジャー柄」が出現。「444」と3つ、いとも簡単に揃った。さらに、バトルで勝利しRUSHへ突入。ロングSTとはいえリーチもかからないとあっという間。97回転目、ようやくバトルへと発展。「VSキュラス」となり、そのタイトルに「デンジャー柄」が出現。思わず心の中でガッツポーズ。実を言うと、今の今まで確変中のデンジャー柄は鉄板だと思っていたオレ。まさかのハズレに茫然。これが今日の不運の始まりだった。

「たられば」だが、ここで何発か連チャンしていれば随分とまた違った展開になっていただろうに。飲まれて買い足すこと7000円。「風来坊ゾーン」となり、疑似連のように何度も続き、「激アツ」も出て当たるには当たったがRUSHにも入らず5Rの単発だった。そしてここから一気に奈落の底へ。やめるにやめられず、ずるずると現金投資が永遠に続いた。

飯を食いに行った頃はまだ余裕というものがあった。さすがに等価じゃないから現金で夕方近くまで打つと、ほとんど勝算はゼロに近いような気がしてならない。とはいえ、今日は何ひとつやり遂げていないからぶん投げる気にもなれず。700、800、900、1000と、当たる気配すらない。従業員にも「当たるまでやめないんですか?」と言われる始末。持ち玉ならばどうってことないんだけどねえ。

結局、モノになったのが1464回転、緑の保留から「カウントダウン予告」が発生。初めて見る演出だっただけに思わず手に汗握る。これが「デンジャー柄」も絡み当たった。当たったのはいいが、痛恨の5R通常だった。100回の時短に期待してみたが、そうそう当たる訳もなく抜けてしまった。ここまでの投資は56500円にも膨れ上がった。もうどうにもならないだろう。

しかし終わってすぐの107回転目、突如「VSキュラスリーチ」がかかる。これでも十分チャンスだったが、さらに激しい音がしてこのバトルが「VSバクウ」へと発展。てっきり貰ったかと思いきや、がっかりするような外れだった。そしてまた少ない出玉はあっという間に飲まれてしまった。さあどうしようかと思いながらも、玉貸しボタンをプッシュする手が止まらない(笑)。


奇跡の始まり……

265回転目、ちょっと一服しようと席を立つと、最後の保留でリーチがかかった。まったく面倒くさいなあと思いながら立ったままその成り行きを見つめていると、バトルリーチまで発展。「VSイカヅチガミ」は結構チャンスなはず。一応、画面にでっかく「激アツ」と出た。どうせ最後は緑のカットインか何かで、はいそれまで、と思っていたら「デンジャー柄」出現。そして奇跡が起こった。いや、奇跡の始まり。

これが、朝以来のRUSHに突入したのだった。とうとう来たぞ。ヒリヒリしながら迎えた42回転目、赤いエフェクト発生はとにかくなんらかのリーチがかかる合図。これが「VSキュラス」となって、朝はモノにならなかった「デンジャー柄」がタイトル文字に出現。バトルの武器も赤いやつ。そして本日初めての連チャン。この瞬間、早くも今日1日をやり遂げた思いになる。だが、これは序曲に過ぎなかった。ここからは狂ったかのように早い当たりが続いた。8回転目、赤い保留から「ラッキーパト」出現で「777」の大当たり。さらに保留変化があり、ラウンド終了と同時に再び「ラッキーパト」がけたたましい音を立て、鳴り響いた。

2、6、7と、ロングSTとは思えぬ早業。さらに17、10回転と続く。これで8連チャン達成。早い連チャンもここまで。その後はバトルになる気配すらなく、STも終盤を迎えてしまった。あれだけ早い当たりが続いたというのに、まるで違う台を打ってるような感覚。いよいよカウントダウンに入った140回転目、画面に赤い文字が出現。「脱出リーチ」からまさかの「777」で再び息をふきかえした。

今度は一転してバトルばかりの展開。早い当たりはなかったものの、まずまずいいところで連チャンしてくれ、この一撃であっという間に形勢逆転。13連チャンで持ち玉は優に23000個は超えた。結局、使ったお金は全部でぴったり60000円。ふぅ、深い安堵のため息と、興奮が入り混じった格別な思い。長かった1日もあともう少し。もちろん、まだ時間もあるし、もうあと一押し欲しいところ。

211回転目、保留が初めて「赤」に変わった。もちろんバトルにまで発展したが、がっかりするような「緑」のカットインで外れとなる。273回転目、今度は疑似連が3回まで続く。SP系のリーチへと発展。「VSギガヘッド」のタイトルの文字が「金」だった。これが外れはしたもののさらに「VSキュラス」へと発展。チャンスアップの「アスカ参戦」から待ってましたの「デンジャー柄」カットイン。嬉しい一発だった。

再びRUSHへと突入し、6連チャンを追加。最後は欲を出してギリギリの時間まで回してみたが、今日2度目の赤い保留を外したところで時間となった。まさかこんな展開が、そして思いもよらぬ結末が待っていようとは想像すら困難なことだった。誰かと一杯やりたいところだが、実は明日、カースケ先生のお宅で編集部のみんなとバーベキューが催されるのだ。それまで乾杯はお預けにしておこうか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る