> > 『CRまわるんパチンコ大海物語3』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRまわるんパチンコ大海物語3』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 消費税は上がるのかどうなのか? それによって、またパチ業界もどうなるのか? なんて考えていたら「衆議院解散かも」のニュースが流れてきた。実際どうなるのかわからないけど、いずれにしても政治の動きは暮らしに直結するものだから、いい方向に進んでほしいものだ。

個人的には弱肉強食でない世の中を望む。近隣の小さなパチ屋はみんな潰れてしまった。残っているのは大型店舗のチェーン店だけだ。もちろん原因はいろいろあって、小さいからということだけではないだろうが、経営基盤が弱いという点はあったろうと思う。

それらの店に長いこと通うと、フロアのマネージャークラスはもちろん、店長さんなんかとも話すようになったりする。「最近、(うちの店)どうですか?」なんて聞かれて、「ここはいいけど、ここはこうですね〜」なんて話をしたり、「最近は出るから友だちにこの店いいよって宣伝してますよ」なんて言うと嬉しそうに頷いてくれたりしてたっけな。

近隣の店なんかは「今日は出すつもりだから積んでね」なんて耳元でそっと言われたりして、いい意味での共存もあった。そんな温かくて面白い人間関係もあった。「古きよき時代」という言葉はあまり好きではないが、殊にこの業界に限ってはその言葉しか見当たらない。いつのまにか、この国は強いもの・速いもの・目立つもの・過激なものばかりがもてはやされるようになってしまっている。

あの触れ合いや暖かい雰囲気のホールはもう戻ってこないだろうなあ。時代の流れとはいえ、悲しいことである。さて、今日は朝から打つぞ。とはいえ、連日の飲み会やら会議やらがあって、起きるのが遅くなってしまった。パソコンを開けてメールなどを片付けていると、すぐに時間になってしまった。

慌てて外に出ると、なんとも本日は爽やかな秋晴れの空が広がっている。車に乗る前に珍しくも、外の樹木を眺めて大きく深呼吸してみた。気持ちのいい朝である。I店に着いたのは開店時刻を1分ほど過ぎた頃。ここでは急いで車を停め、店内に滑りこむように入る。

店内はガラガラ。朝イチにしても人がいなさすぎる感じだ。このところの釘の状態を反映しているのだろう。お客さんは正直である。そしてシマに入ると予想どおり厳しい。「ああ、これはなんとかなるかも」というミドルもあったが、まずは新台で入った甘デジなどから触ってみよう。スペックに好感が持てる『マジカルハンター』から。

最初は回って何度か当たりはしたが、続けて打つには値せず。残念なり。そしてその後も何機種か打ってはみたが、やはり最低限のラインもクリアせず。こうなったらあれだ。朝見た時に「もしかしたらこれか」と思っていた子。『CRまわるんパチンコ大海物語3』。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る