コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRまわるんパチンコ大海物語3』vol.2  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRまわるんパチンコ大海物語3
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 43500円
総回転数
大当たり回数 1回
確変回数 0回
総出玉数 0回
換金額 0回
収支 -43500円

悪戦苦闘

とは言え、この店では初打ちになるので、勉強を兼ねて今日は打とう。まずはわずかな寄り釘の差から選んだ。打っていくと物足りない。1000円22個がいいところだろう。よって1500円まで。

次の台は2台飛ばしたところ。これも今ひとつの様相。そもそもステージでの玉の動きがよくない。もう1台打つも、うーむ……。かくなる上はお2人のお客さんの間に入るカタチになり、遠慮していた角から2番目にすべりこむ。ちょいと会釈して座ったが、2人とも遊技に夢中の御様子。

ここまでの投資は5000円。確率が確率だけに4万や5万くらいはすぐに溶けるだろう。回りが悪い上に確率分母の2倍、3倍のハマりが続けば、当然そうなる。つくづく等価のパチンコはリスクが高いものだ。でもまあ、この稼業は「火中の栗を拾う」ようなものだから、それは避けられない。

打ち出していくと、まあ打てるかな?の風情。電チューのアシストを加味して、1000円25〜6回転は何とかあるだろう。しかし、これでも安いしギリギリというところがあるのだけど。ともあれ、確率ラインまでは何とか頑張ってみようかなと思う。そんな気持ち。

合計で投資が1万となったところで、例のもの(魚群)が通りすぎた。しかし、保留が4個以上あったにもかかわらず前兆予告はないのでハズレだろうと思っていたら、サメでピタリと当たってくれたではないか。昇格はなかったが、このところこの機種を打つと初当たりには恵まれているのだ。

しかし、出玉がよくない。大当たり消化時間を測ってみた方がよいくらいだ。スルーの抜けもイマイチ。玉持ちにも不安がある。しかし、時短が終わって打ち込みに入ると、回りが上がってくる。何だか、ワナにでもかかっているような気がする。

電チューのアシストがあるとはいえ、時折1000円30回転を超えるペースで回るので、なんだか気分がいい。とはいえ、それに反比例して当たりはなかなか。わずかな玉も打ち込み、再投資に入るが、何も起きずに時間は過ぎる。


辛いけど

合計で2万円ちょうどのところでまた魚群。投資のキリがいいところで出るとはまたワナみたいだ(笑)。タコ×カニの激アツ!マリンリーチ。しかし、これはハズレです。そしてそのすぐに後にまた魚群。今度はサメのシングル。これもハズレだろうと思っていたら、案の定。

回りは一時の勢いはなくなったとはいえ、それなりに回る。ところが当たりは来ない。約1/350の確率はやはり甘いものではない。結局、行くところまでいってしまった。1000回転を大きく超えたところで諦めた。最後はオカルトにしがみつくおかしな方のように「スペシャル魚群タイム」終了まで打って退店。

タッキーもこのところ苦戦しているようだが、こちらもまた苦戦の日々なのである。ある程度の腕や技術を持っていたにしても、パチンコの神様の気まぐれさには勝てない日も少なくないものである。素人さんだとより大変だろうなと思ったりもする。

さて、帰って自分のバンドではないけれど、ゲストで参加するバンドの楽曲の練習をしとくとするか。まずは健康、これに勝るものなし。ああ、でも手痛い負けではあった。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る