> > 『CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR不思議のダンジョン 風来のシレン FPF』  
text by タッキー
 
筐体画像 もう11月も後半だというのに、相変わらずパチの方はノレていない。パチ屋の従業員に心配されるくらいだから、よっぽどなんだろう。もうこうなるとパチプロとしてはおしまい。嫌な顔をされるくらいじゃないと(笑)。マグロやイワシなどは泳ぎ続けなければ死んでしまうらしいが、パチプロも勝ち続けなければそれこそ死んでしまうに違いない。マグロ同様、本能で回遊しているようなものだから。だから、今はもう息も絶え絶えと言った感じ。ここへきての急激な冷え込みで、ただでさえパチ屋へ向かう足取りが重いというのに、ことさら家を出るのが億劫になる。とりあえずは家を出るが、何処かそのままふらっと遠くへ行ってしまいたい衝動に駆られる。もともと、現実逃避はオレの得意分野だ。

まあもっとも、現実逃避のなれの果てでこんな稼業に就いたのだから、これ以上の逃げはないだろう。とにかく生きてる限りはこれに向き合わなければならないということ。ドキッとするようなことを書いてしまったが、これでも普段はいたって元気なのだ。別段、大きな悩みごとがあるわけでもなし、基本的にはストレスとは無縁の生活だ。多少のプレッシャーみたいなものはあるけれど。ただ、心の片隅にいつにも増して重たいものがずっしりと圧しかかっているのだろうか。ここのところ頻繁に嫌な夢を見てうなされるのだ。そういった意味ではちょっと重症の部類に入るのではなかろうか。冒頭から重たい話になってしまい恐縮だが、たまにはこのぐらい書いておかないと、いつも儲かっているみたいに思われてるようなので(笑)。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る