コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』他  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRリング 呪いの7日間FPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
70001518擬似連新聞
312R前兆
392R先読みハズレリーチ
462R擬似連ハズレリーチ
200042移動
4000ヤメ
総投資額 13000円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 3598個
換金額 14392円
収支 1392円

やはりリング

3台並んである『リング・甘』で最もステージからの入賞が見込める台が幸い空き台になっていた。データを見ると大当たり12回で回転数は360回となっている。結構、ハマったのね。出玉スペックがよくなくて、どうしても玉減りしてしまうのである程度の回転数は必要になる。とりあえず短時間勝負ならばこのくらいでもギリギリいいと思う。

打ち出してみると、ステージからの決まりが今ひとつよくないものの、ギリギリ打てるレベルはなんとかキープ。しかし、ストロークをたびたびいじらなければならず、疲れることこの上ない。加えて、ハンドルのバネも疲弊しているのだろうか玉の飛びムラもキツい。回りが落ちたら撤収だな〜と思いつつ、しかし捨てるまででもない感じなので打っていく。

何も起きずにあっという間に(データのトータルで)500回転を超えた。もっとも前に打った方のデータはまるで関係ないことでもある。どんなに回した台だろうが、独立抽選方式の場合は1回転ごとの完全確率なのである。この辺をいまだに勘違いしている方が多い。パチスロの天井方式ならば別だがパチンコにはそういう機能は認められていない。

回る台をひたすら回すことしか手はない。結果は後から付いてくる。しかし、その「回る」というところが微妙なわけだ。さて、どこまで勝負しようかと思いつつ回していくと突然、赤エフェクトの前兆から擬似連が成立した。金文字も出て3回これはアツい。

マックスタイプならいざしらず、甘デジならばそのまま当たるはず。しかし発展先は弱い「新聞リーチ」。でもスペシャル段階に移行して、そのまま「888」が揃った。昇格はなし。わずかな出玉とST35回転が付いてくる。

淡々と電チューサポートに臨むが、まあほんとに何も起きない。リーチ成立は1度だけ、女子高校が1ターン目までしかいかず当然のごとく外れ。30回転を超え、カウントダウンが開始された瞬間に手の役物が落ちてきた。「時間の巻き戻し」。玉なしのSTで再スタートだ。とりあえずよかった。

しかし、このSTもリーチ1回でアウト。第3ターンまでいって看板も赤だったので「当たり!」と思ったのだが、思っただけだった。しかし、時短が終わってすぐにまた手の役物が落ちてきた。またも続いて玉なしのST当たり。三度目の正直か、仏の顔も二度三度か……よくわからないけど、そろそろ玉が出てほしいもの。

大概、こういう願いは叶わないと相場が決まっている。ほらほら。やはりリーチ2回でスルーですと。通常時に戻ると回りが落ちてきた。初回にいただいたわずかな玉がなくなったらオシマイの感じ。そのわずかな玉が残っている時、まさに間一髪で擬似連が発生。クロネコが出てきて、ボタンをひっくり返した。

なんだか当たりそう……と思ったらスーパーに発展し、アタッカーパカパカ。また玉なしのSTか。あろうことかこれもスルーですか、そうですか。完全にバカバカしくなったので、席を立つ。回りも落ちたしね、展開がよくないとやってられんわね。


まぐれの負けなし

さて、どうしようか。ここまでの投資は9000円くらい。ぶらぶらして目に付いた何台かを打ちまわる。書くような展開ではないが、3回の初当たりとそこそこの連チャンでなんとかチャララインまで復帰した。まぐれの3発。しかし、ほんとにまぐれでしかない。

こんなパチンコばっかりだなあ。低換金の店でタコ粘りしていた時代はいずこに行った。外に出ると、怪しい雲行き。FMから流れてくる天気予報によると、週末は寒期到来で山では降雪とのこと。街も寒いだろう。こりゃますます選挙に行く人が減るかもしれないね。

ふとそんなことを思いつつ、車に置いてあったマフラーを首に巻きつけて、家路に着いた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る