> > 『フィーバークイーン』vol2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバークイーン』vol2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 北海道や東北でかなりの雪が降っているようで、大荒れの天気だとテレビで言っている。豪雪地帯にいる方はほんとに大変だ。「雪が綺麗」だの「雪は好き」とか普段からさんざんそんなことを書いているけど、そこで暮らす方々にとっては容易じゃないよね。

実は、年末は十数年ぶりに北海道の親戚筋のファミリーのところに旅行に行く予定。今回みたいな天候だと飛行機は飛ばないだろう。少し心配だけど、こればかりは自然の摂理だから仕方がない。人間さまの都合だけで地球は動いていない。そこのところを間違うと、環境破壊やら放射能汚染やらさまざまな問題が起きるわけだ。

それにしても、この年末は忙しい。毎日、毎日、さぼらずに雑事やらやるべきことを頑張って片付けてはいるが時間が足りないったらありゃしない。この分では今年も年賀状を書けずじまいになるだろう。頂いた方に寒中見舞いの返信を出して終わりになりそうだ。よって、この場を借りて冬月からの年賀状は届きませんと言っておこう。関係者の皆様、まことにすみません。

というように、忙殺されているのでなかなか朝から打てる時間が確保できない。そういう時は無理をしないこと。打つ時間がとれたのは夕方前の早い時間だった。近隣のO店に向かう。一応のアテはある。正確にはアテというよりも「打ちたい」と言ったほうがいい。それは前回も打った『フィーバークィーン』。釘はたいしたことがないが、打てないほどでもない。そして何より久しぶりに「打ちたい」という気分にさせてくれる。

時刻は4時。部屋から出ると早くも暗くなりかけている上に、やたらに寒い。基本的に薄着だし、ホール内でタバコの匂いが付くのがいやなので、上着などは着ないたち。上着やジャケットは車の中にポイっと置いておくことが多い。だから今日も薄着で出たのだけど、こりゃ無理だ。慌てて部屋まで戻ってもう一枚羽織ることなった。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る