> > 『CRまわるんパチンコ大海物語3』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRまわるんパチンコ大海物語3』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 冬月は何度かこのコラムにも書いたが、生涯スポーツとしてのスキーに取り組んでいる。雪が大好きなのである。そしてそれと同等に好きなものが音楽である。聴くのも、演奏するのも……。パチンコももちろん好きだが、それとは次元が違うという感じ(どっちが上でどっちが下ということではない)。

1年の間には好きなアーティストのLIVEに行くのが、生活にすっかり定着している。横浜アリーナを満員にする「大物」から数人で一杯になる小さなライブハウス、そして路上LIVEまでいろいろだ。今年はどんな音楽に出会うことができるだろう。

実はさっそく新年第一発目のLIVEに行ってきた。このコラムを読んでいる若い衆はほとんど知らないだろうけど、アメリカを代表するR&Bシンガー・ダイアナロスだ。若い時からとても好きなシンガーで、来日公演のニュースを聞いた瞬間にチケットを予約してしまった。場所は武道館。タッキーから「車で行くと便利ですよ〜」と教えられていたので、都心まで久しぶりに車で出かけた。

彼女は今年で齢70。果たして声は出るのか?と心配だったが、いやいや予想を上回る素晴らしいパフォーマンスだった。あの甘く可愛い歌声はほぼ健在。そしてバックバンドもいい感じ。選曲はもちろん、往年のシュープリームスのヒット曲から彼女のオリジナルヒット曲まで満載。新年そうそういいものに触れて幸せな気持ちになった。

そんな楽しいことを控えてのパチンコ。これはこれで楽しいはずなのだが、先日馴染みのホールを見まわった感じでは、まだ冬、いや厳冬といった様相で気が重くなっている。それでも打たねばなるまい。いや打つ台を無理矢理でも見つけなければなるまい。

とりあえず、朝イチから行くのが最大の義務的行動。ここをだらしなくするようではいけないので、いつもより少し早起きしてデスクワークを片付けた。溜まったメールやらさまざまな案件がかなりある。なんとかいつもの時間に家を出る。I店に着くと人はまばら。この寒さだものなあ。本当に北風が身にしみるようだ。

設置されている屋外ストーブでほのかな暖をとっているうちに開店となった。今日は見知らぬ顔のお客さんが多い。店内に入ると暖気が身体にやさしい。雪山で遭難しかかった方々がニュースになっていたが、さぞ怖くて辛かっただろうなどと思い出す。さっそく釘を見ていくと、先日の惨状よりはマシな感じ。これならハードルを下げれば、遊技は可能なのではなかろうか。

さて、何を打つべきか。甘デジで手堅くといきたいが、馴染みの機種は軒並みシメたまま。まだ見知らぬ子が数台アケ模様。おそらく、ゲージが辛いか、クセがよくないか? またはその両方でヘソだけアケになっているように思う。長く通っている店だけにそんな傾向を読むことは可能だ。新年早々からバラマキでは洒落にならん。そういう「テキトー」なことをしてスタートを切りたくない。

はて、それはそれとしてどうしたものか。ミドルのシマに行くと気になる子がいた。昨年何度か打った『CRまわるんパチンコ大海物語3』が打てそうだ。ステージクセが悪くなかった記憶があるので、ボーダーラインくらいは楽にあると思う。そもそもがボーダーは辛い機種なので、妥協はできないわけだけど。最低でも1000円25個はほしい。

もちろん、通常ルートからだけでその回転率を維持するのは無理。特殊なスライダーによる電チューアシストが不可欠となる。これがまた気まぐれなので、回転率を把握するのはなかなか厄介な機種でもあるのだ。うーむ、店内をもう1周してみたがやはり、新年初打ちは『海』でいくか。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る